見た目は完全にキャップにしか見えない!このヘルメットなら街乗りでもオシャレにかぶれる!

皆さんローディーは、ロードバイクに乗るときは必ずヘルメットをしていると思います。

でも、そのヘルメットはサイクルジャージを着ているからこそ似合うし、カッコ良く見るものですよね?

通勤中のスーツ姿や街乗りの私服姿では、違和感が出てしまうものです。
さらに、乗っていない時はかさばって邪魔になってしまいますよね…

そんな時には、このヘルメットをかぶりましょう。

元SpaceXのエンジニアが開発した「Park & Diamond」

この「Park & Diamond」は、スポーツ用の物に比べ、より手軽に、よりカジュアルにローディーの頭を守ってくれるアイテム。

三角形のポリカーポネート製シェルが組んで内側に入っており、従来のヘルメットとは全く異なるキャップの様なルックスでありながらも、アメリカの安全基準に準拠しています。
そのため、安全性は従来のヘルメットと大差はないと言っていいでしょう。

さらに小さく折りたためるという特徴がある「Park & Diamond」。

クッと折りたためば、700mlくらいの水筒と同じくらいの大きさにまで小さくなっちゃいます!
通勤用のカバンにもすんなり入れることができるはずですよ。

さらに重量は226gと軽いので、カバンに入れていたとしても気にならないでしょう。

快適性も抜群!折りたためて軽いだけじゃない。

上記で紹介した特徴の他にも、以下のような特徴があります。

  • ツバが付いているため、サイクルグラスを掛けることなく太陽光から目を守ることが可能。
  • ツバに風が当たり、帽子が飛ばないようにストラップが付いている。
  • 250個もの通気孔があるため、蒸れることなく快適にかぶれる。
  • 内側の保護部分だけを取り外して、別のスキンと取り換えることが可能

このように「Park & Diamond」は、通勤通学、街乗り用のヘルメットにはぴったりではないでしょうか?

「Park & Diamond」は現在、発売されていません。
今は「Park & Diamond」の市販化に向け、クラウドファンディングサイトIndiegogoで出資者募集のキャンペーンを実施中。
本稿執筆時点では、79ドルの出資プラス送料で「Park & Diamond」を1個入手可能です。
出荷は2019年2月に予定されているそうです。

≫≫他の便利アイテムを見てみる