意外と知られていない、自転車が守らなきゃいけない交通ルールがあるって知ってる?

ロードバイクを乗っている大半の方は、交通ルールを守って走っている方が多いと思います。

そんな人でも案外忘れている、知られていない交通ルールがあるんです。

自転車も踏切で一時停止して安全確認をしなきゃいけない

そもそも自転車は道路交通法では「軽車両」に分類されます。
従って、歩道はもちろん走行することは原則できません。

しかし、「自転車通行可」の標識がある時や車道の通行が危険な場合にのみ、自転車は歩道を通行することが可能です。
とは言っても、歩道を通行する時は歩行者優先ですし、様々な危険が潜んでいるため、中央から車道寄りの部分を通るようにしましょう。

また、自転車で踏切を通過する時は、車と同じように直前で停止して安全を確認しなければいけません。

これは案外やっている人が少ないのではないでしょうか?
知っていたとしても「逆に邪魔になっちゃうからやれない」という方もいそうですね。

道路交通法で定められているルール。しっかり守りましょうね。

自転車も最高速度を守る必要がある

今一度言いますが、自転車は車と同じ車両という分類。
そのため、車と同じように最高速度を守る必要があります。

指定最高速度が時速40㎞なら、自転車もそれを超えて走ってはいけないという事。
ただし、自転車には法定最高速度については言及されていません。

このため、最高速度の道路標識が無い場合、何㎞出してもスピード違反で捕まることはありません。
なお、「安全運転義務違反」で逮捕される可能性はありますが…。

このように、案外知られていない、守られていない交通ルールがあるんです。

皆さんは大丈夫でしたか?

自転車だからと、住宅街で思い切りスピードを出したり、踏切で止まらずに走行すると捕まってしまうかもしれません。

しっかり知識を付けて安全に走行しましょうね!