東レの折り畳み電動アシスト自転車「CARBO」は炭素繊維製で12.9㎏しかない!

ロードバイクの需要増加と共に、需要が大幅に増えているのが電動アシスト自転車。

しかし、電動アシスト自転車は大きくて重いという難点がありました。

そんな難点を克服した自転車が、カナダを拠点として開発された折り畳み式電動アシスト自転車「CARBO」です。

まるでバッテリーがないかのようなルックス

電動アシスト自転車は当然車体にバッテリーを載せる必要がありますよね?
そのバッテリーが大きく重く、かさばってしまう為電動アシスト自転車の折り畳みは難しいのです。

しかし、CARBOはバッテリーをサドルのポール内に載せています。
サドルの下で、バッテリーも細長い形状にしているので、バッテリーの存在に気付かない人も多いはずです。

折り畳んだ後は、簡単に運べる!

CARBOは真ん中から折るように畳むことができるため、非常にコンパクトになります。
そのため、オフィス片隅や机の下に置くこともできるかもしれません。

さらにサドルの下にUSBポートがあり、ケーブルを繋いでスマホなどを充電することも可能ですよ。

気になる重量や価格は?

この折り畳み電動アシスト自転車の重量は、12.9㎏。
東レのカーボンファイバーでできているため、頑丈かつ軽量な作りを実現しています。

さらに完全電動で走行した時に、走れる距離は約45㎞。
最高時速は32㎞。

気になる価格ですが、今現在、クラウドファンディングサイトIndiegogoで資金調達中。
今なら出資額1099ドル(約12万5000円)~で手に入れることができます。

気になる方はサイトへ飛んで見てみてください。

≫≫他の便利アイテムを見てみる