またまた幅寄せ問題… これはさすがに車が害悪?でも最後の自転車乗りの行動が酷すぎて…

車の幅寄せの問題は、ロードバイク界隈では長い事話題に挙げられています。

そこで、またまた事件が起きてしまいました。

それがこちら。


流れとしては、

  1. 左折しようとウインカーを出す。
  2. 前にロードが見えたから追い越す
  3. そのあとに幅寄せ
  4. しかし、自転車が無理やり左側を追い越して、巻き込む寸前

という流れ。

最後は『ロードバイクが助手席の窓ガラスを叩き「危ねぇだろ!」との怒鳴りに加えて、左のフェンダーを蹴る』という悪行を…

その現場の状況が詳しく分からないので、ハッキリと言えませんが、結果だけ見れば自転車が悪いように見えます。

※下の追記で補足アリ。

しかし、追い越してから巻き込み防止で左寄せするのは危険すぎますよね…。

ロードバイクの存在に気が付いているのなら、ロードバイクが行くのを待ってから左折すべきだと思います。

ロードバイクが無理やり追い越そうとするまでは、車が悪いとは思いますが、最後の行動が最悪すぎます。

これでは自転車を擁護することはできませんよね。

事の発端は車の傲慢であることは間違いないので、結果を見れば、どっちもどっちとしか言いようがないかもしれません…。

ちなみに、この被害者(車の運転手)は、自転車を追いかけましたが捕まえられず、

警察に対応してもらい、当て逃げ・器物破損で被害届を出したそうです。

幅寄せ問題もうやめないですか?

このような事件は日常茶飯事のように起きています。

この問題は、車もロードバイクもお互いに配慮をしなければこの問題は解決しないと思います。

「車が優先だ」とか、「ロードがぶつけられたら車が全部悪い」だとかそんなことはありませんからね。

車も自転車も傲慢な運転は、絶対にしないで欲しいです。

追記

被害者の方が、状況を詳しくリプでお話していたので追記します。

車は、左折する交差点の2㎞ほど前で安全に抜いているようです。

これを踏まえて考えると、100%ロードが悪いということになるでしょう…。

ロードバイクに乗るものとして、こんなバカみたいなことはして欲しくないものです。

【関連記事】

学生ローディーには特に知って欲しい!交差点で起きる車の幅寄せの重要性。

ロードバイクは車道を走るな!暴言を吐くドライバーの言い分を聞いてみた。

【衝撃】事故後のヘルメットが恐怖。割れて粉々。ヘルメットの大切さを知れる写真がこちら。