デスロード【死亡者続出】年間300人もの死者が出ている、世界で最も危険なサイクリングロード!!

今回は、1年間に25台もの自転車が谷へと落ち、200~300名の死者が出ている、世界一危険なサイクリングロードの動画を見ていこう。

【Death Road】世界一危険なサイクリングロード

デスロードは、正式には「ユンガスの道(スペイン語:Carretera de Los Yungas)」という名のの山岳道路。ボリビアの首都ラパス市から北東方向のユンガス地方に約80kmに渡って伸びています。

道路の多くの部分は切り立った断崖を走っており、なかには800mの崖の上を走る部分も。一歩間違えれば…という恐怖の道にも関わらず、ガードレール等は設置されていません。

道の幅は基本的には車1台分程度しか無く、最大のところでも5mほど。さらに、この地域は多雨林に位置するため、泥状になった路面に山肌からの落石もあります。

この道は1930年代に造られて以来、長きにわたってボリビア北部の森林地帯と大都市ラパスを結ぶ貴重な道として、人々や物資の往来がありました。しかし年平均で200件以上の墜落事故があり、毎年100人前後の人々がここで命を落としました。

引用:worldtrip

実際にDeath Roadを走ってみた動画がコチラ

動画がこちら。

 

ここからDeath Roadが始まる。

ガードレールなんかはほとんど無い。

坂道はほぼノーブレーキ!するとしても後輪だけ…

他のDeath Roadを走った動画


【関連記事】

標高3.300mの氷山をダウンヒル!世界一危険なレースの動画は鳥肌もの…