これを守れないならロードバイクに乗るな!ドライバーが恐れるロード乗りの10つの行動がこちら… 前編

ロードバイクの人気が高まり、沢山の人がロードバイクに乗るようになってきました。

もちろん、モラル・マナーを守りルールを守って走行している人は多いです。

しかし、道路交通法を無視した運転をする自転車も少なくないというのが現実。

そこで、いつも問題になるのが、自転車と車の関係性ですよね。

今回は、車のドライバーの目線で自転車の危ない行動を見ていきましょう。

1.右側通行

これは私たちローディーも怖いですよね(笑)
ママチャリの危険な右側通行には腹を立てずにはいられません!

しかし、ロードバイクでも右側通行をしている人がいるもの事実なんですがね…。

これはおそらく、自転車が軽車両だという認識が低いために起こっていることだと思います。
右側通行は車道と歩道が分かれていない路地などで多いことからも、それは考えられますね。

逆走する自転車は道路交通法を守った私たちのようなローディーと衝突する可能性も高いです。
さらに、どちらかに避ける行動をとれば車にも影響があるため、ドライバーにとっても恐怖以外の何物でもありません。

とにかくやめてほしい。というのがドライバーの本音のようです。

2.片手運転

傘や携帯電話を片手に自転車に乗っている人。
自転車はバランスを崩しやすいため、ふらふらして車道にはみ出してくることもあります。
これは怖いですよね!

少し前に話題になったことですが、電動アシスト自転車の普及によって、片手運転がしやすくなっているという事実があるんですよ。
こういう運転をしているロードバイクは少ないですが、ママチャリの乗っている人の中には、まだまだ多い印象を受けます。

ドライバーがどうとか関係なく、危ないのでやめてほしいですね。

3.無灯火運転

以前よりは格段に減ってはいますが、無灯火の自転車が当然のように走っているのを見かけますよね。
街灯の少ない夜間の住宅街では、暗闇に紛れてドライバーからは非常に見えにくいため、近づいてから発見して「ヒヤッと」することがあるんです。

私たち自転車からしたら自分の行き先が見えているので、特に不安は無いですがドライバーは恐怖しかありません。
ライトには自社の存在を知らせるという目的も大きいので、最低限の装備として必ず転倒して走行しなければいけませんよ!

さらにリアライトですが、道路交通法において反射板が付いていれば装着の義務はありません。
しかし、小さな反射板だけではドライバーから視認されずらいですし、黒っぽい服装なら尚更視認をしにくいです。
ちなみに、自転車と車の事故において、自動車の追突による致死率は非常に高いんだそうです。

これを考慮するとリアライトの義務化が両者ともに平和な解決法かもしれませんね。

4.斜め横断

斜め後ろを核にいせずに道路を横断する自転車に遭遇したことがあるドライバーは結構多いそうです。
近年ではハイブリット車やEVが多くなったため、「エンジン音がしないから、後ろに車がいない」という安易な判断は非常に危険。
ドライバーがブレーキをかけなければ、接触して事故になるケースは多いです。

少し前に自転車が後ろの確認をしないで運転していたため、後ろから走ってきた自転車と衝突しかけたという事件もありましたしね。

そして、もし確認したとしても、道路を奈々未に横断すれば、横断した先では当然逆走になります。
そこへ対向車が向かってくれば、対向車は自転車を避けるために中央線によって運転せざる負えません。

これにより反対車線側は無駄な緊張をしなければいけなくなります。

この他にも、自転車が乗っている人が気づかずに、車のドライバーが危険回避をしてくれている事例はいくつもあるでしょうね…。
ドライバー様様ですよ。

5.一時停止無視

『止まれ』の標識を無視して、減速せずに交差点に進入してくる自転車。
これをしていない人は、もう自転車に乗らないでほしいです。
先ほども言いましたが、自転車も軽車両なのでこれを守らないのは普通に交通違反。アウトです。

交通事故は、出会い頭での事故が飛び抜けて多いことから、このモラル・ルールを無視した自転車多いことによって事故が引き起こされていることが予想されています。

ドライバーは左右の安全をしっかり確認してから進んでいますが、歩行者よりも速い自転車が急に視界に入ってくると恐怖を感じざるを得ません。
特に誰もが急いでいる通勤時間帯には、このようなことが起こりやすいので、自転車乗りの方はしっかりルールをも待って運転しなければいけませんね。

 

前編はここまで。残りの5つは後編でお話します。

後編はこちら。

これを守れないならロードバイクに乗るな!ドライバーが恐れるロード乗りの10つの行動がこちら… 後編

≫≫他の「〇〇ランキング/○選」を見てみる