パンク修理はたったの1分!?画期的なパンク修理ツールがあるって知ってる?

ロングライド中でも街乗りをしている時でも、パンクをしてしまったら一気にテンションが落ちてしまいますよね。

どんなに綺麗な景色が前に広がっていたとしても、くすんで見えてしまうことでしょう…

それに、初心者の方であればパンク修理を自分でできないという人もいるのでは?

そんなとき、このツールがあれば何も心配することはありません。

一分でパンクを修理する「PATCHNRIDE」」

一般的にライド中にパンクをしてしまったら、

  • パンク修理剤を使って、一時的に乗れるようにするか
  • チューブを交換して、自宅で改めて修理するか

このどちらかだと思います。

どちらにせよ、面倒な作業であることは変わりないですし、自宅で何らかの作業をする必要があるわけです。

さらに、自宅での修理は修理液を注入するパンク修理剤を使用しての修理でしょう。

結局は穴を一時的に塞ぐだけで結局あは一時的な補修でしかないんです。

でもこの「PATCHNRIDE」はそれらのパンク修理剤とは違い、恒久的な修理をすることが出来ちゃいます!

その秘密は、「Air Seal Patch」と呼ばれる特殊樹脂。

これにより、のちにパッチを使った修理をする必要がないんです!

ちなみに、「PATCHNRIDE」は最大3㎜までの穴に対応できますし、もちろんチューブラーでもチューブレスでも使用可能。

ロード以外のタイヤにも使えるので重宝しそうですね!

「PATCHNRIDE」の使い方

「PATCHNRIDE」を使ってパンクを修理するには、先端の管をパンクした箇所に挿入。
「Go」ボタンを押して、「Air Seal Patch」を注入する。

注入を終えたら、「PATCHNRIDE」を抜いて親指で修理箇所をしばらく押さえて、「Air Seal Patch」が定着を待ちます。
その後、タイヤに空気を入れればパンク前と同様に走ることができるようになります!

釘がタイヤに刺さってしまった!
最悪なアクシデントだけど…

「PATCHNRIDE」があれば大丈夫!

先端のハリを穴にさして、深くねじ込む。

「Go」ボタンを押して、「Air Seal Patch」がチューブ内に注入。
穴をふさいでくれます。

後はいつも通り空気を入れればもう終了!

パンク修理で油まみれになる事がなくなるかもしれないですね!!

ちなみに、パンク穴の場所を探す方法を紹介していませんでしたね。

この「PATCHNRIDE」には、「Leak Detector」と呼ばれる特殊な液体が付属しています。

これをタイヤの外側にかければ、穴があいている箇所を簡単に探すことが可能なんですよ!

これ程に使いやすく機能性もバッチリなパンク修理ツールは他にはないかもしれないですね!

これ1つでパンクの悩みは解決です!

≫≫他の便利アイテムを見てみる