ロードバイク通勤者に教えたい!通勤バッグはこう選べ!

皆さん、自転車通勤してますか?ロードバイク通勤していますか?

都会なら毎朝の満員電車から逃れて、ぎゅうぎゅうにされることなく会社まで向かうことが出来ます。

電車で通勤しない方でも、ロードバイク通勤に変えればきっと毎朝が清々しい朝に変わることでしょう。

そんな素晴らしい自転車通勤ですが、いくつかの問題点が思い当たりますよね?

今回解決しようと思うのは、通勤バッグに関してです。

通勤バッグで重要視すること

通勤ライドは毎日することになりますから、バッグ選びは本当に悩むと思います。

私はそれでいいと思います。

しっかり悩んで、毎日使っても良いと思えるものを購入すべきです。

そのバッグの選択の助けとして、通勤バッグ選びのポイントを紹介していきます!

快適さは最重要

バックパック、メッセンジャーバッグ、どのような種類のバッグを購入するかに限らず、快適さは最重要視すべきです。

特に、肩に触れるショルダーストラップが快適かをしっかり確認することが大切です。
バッグの重量が重かったり、バランスが悪かったりする場合には、チェストストラップやウエストストラップの有無は案外重要。

肩や腰などへの負担も軽減してくれるので、長い距離を走る人には必須といってもいいでしょう。

さらに、熱くてムシムシした季節はもちろん、長い距離を走る方なら汗をかくことは免れません。
そのため、背中が蒸れないような工夫がなされているかもチェックすると良いでしょう。

以上のようにバッグの快適さを左右する点はこちらの3つ。

  • ショルダーストラップが快適かどうか
  • チェストストラップ・ウエストストラップがあるか
  • 背中が蒸れないような作りになっているか

自分にはどのようなバッグが必要か

まずあなたがどのようなバッグが必要であるかをはっきりさせる必要があります。

大量の荷物を会社へ持っていくことがあるのなら、大容量のバッグを購入しなくてはいけません。

また、昼食や着替え、さらにはノートPCなどの色々な種類の荷物がある場合、パッド入りのポケット+大きなメインポケットという構成のバッグが必要でしょう。

そして、スーツなどのビジネス的な服装で出勤するのなら、しわができないようにより大きいメインコンパートメントを持つバッグを選ぶべきだと思います。

雨の日も自転車で通勤するつもりなら防水バッグを、荷物が最小限ならメッセンジャーバッグを。などなど、自分の使用用途をしっかり確立させてからバッグ選びに入りましょう。

視認性が高いかどうか

リアライトやフロントライトで照らしているものの、交通事故を防ぐためにバッグの視認性を上げていて損はないでしょう。

日中でも見えやすいように工夫されたバッグや夜間や早朝を走ることになるのなら反射板付きのバッグの購入を考えたも良いでしょう。

また、暗い中でバッグから物を探すときには、バッグの内側の視認性も重要ですね。

バッグの内側の視認性は、内側の生地の色の明るさで左右されるので、出来れば明るい色、黒以外を選ぶのが良いでしょう。

使いやすい、便利な構成になっているか

バッグにおいて使いやすさは非常に重要です。

それを確かめるにはいつも自分が満足して使っているバッグと似たようなものを選ぶと良いでしょう。

例えば、

  • スマホをすぐに取り出せるポケットがある
  • ボトルを入れられるポケットがある
  • 小さなものをまとめて入れておける場所が必要か、アクセスしやすい外ポケットは重要か
  • 財布などの貴重品を内側に入れておきたいか、それともすぐに取り出せるポケットに入れたいか。
  • すぐに取り出せる場所に入れたいのならその部分の防水は欠かせない

などなど、これを全て叶えるためにはそれ相応の価格になるでしょう。

以上の4つの点を考慮して、沢山悩み、自分に合ったバッグを探してみてください。

【関連記事】

おすすめの通勤用サイクルバッグ14選 前編

おすすめの通勤用サイクルバッグ14選 後編