【これは便利…】たった20秒で自転車に変身してしまうベビーカー「Taga」

お子さんがいる女性がママチャリに赤ちゃんを乗せて運転している。

という光景は良く見ることはあると思います

しかし、あれって乗っている本人も不安ですし、はたから見ている私たちも少し怖いですよね。

運転も不安定になりますし、それで逆走なんてしてきたらもう恐怖でしかありません。

事故を起こしてしまった時にはもう言葉も出ませんよ…。

そんな心配・恐怖を消せる画期的な自転車があるんです!

自転車に変身できるベビーカー

この「Taga Bike-Stroller」は、使う状況に合わせてベビーカーにも、チャイルドシート付の自転車としても使うことができるんです!

そして、その返信にかかる時間はたった20秒。

サッと変身させることができちゃいます。

本当に20秒でできるのか、実際の動画がこちら。

使用用途としては、ベビーカーを押して徒歩で出かけるには少し遠く感じてしまう場所に自転車モードで向かい、そこについたらベビーカーに変身させて使う。

こんな感じで便利な使い方ができるんです。

「Taga Bike-Stroller」の特徴

この「Taga Bike-Stroller」はTagaのインターナショナルチームで開発された商品。

コンセプトは、「子供を持つお母さんに自転車の楽しみと、ベビーカーの機能性を届ける」だそうです。

コンセプト通りの商品が出来上がっていますよね!

そんな自転車✖ベービーカーの「Taga Bike-Stroller」には2つの特徴があります

安定性が高い「Taga Bike-Stroller」

1つ目の特徴は、その安定性にあります。

この安定性は「3輪である」・「重心が低い」という構造により生み出すことが出来ました。

そのため、通常の自転車にチャイルドシートを取り付けた場合に比べ、比べ物にならないほどの安定性を誇ります。

子供を乗せったママチャリの怖い部分が解消される画期的な自転車なんです!

多種多様なアタッチメントがある「Taga Bike-Stroller」

この「Taga Bike-Stroller」にはたくさんの種類のアタッチメントが揃っています。

これが2つ目の特徴です。

アタッチメントの例は、

  • 対面式のベビーシート
  • チャイルドシートを2つ取り付けられる
  • 子ども同士を対面させるベビーシート

などなど様々。

「Taga Bike-Stroller」の欠点

自転車にもなり、安定性も抜群、アタッチメントまでそろっているこの「Taga Bike-Stroller」は万能のように思えます。

しかし、「ベビーカーとしては、少しサイズが大きい」という欠点があります。

この商品は海外で開発されたため、しょうがないことですが、日常的に使うことを考えると悩みどころ。

お店に入れるとなると少し気が引けてしまうかもしれませんね…。

しかし、 IKEA や Costco などの大型商業施設やデパート、公園へ行くのなら全く問題はないでしょう。

むしろ使い勝手はよく、利用価値は非常に高い商品だと思います。

これが少しサイズダウンして日本でも日常的に使えるようになったら、危ない子供乗せママチャリが減るかもしれませんね!

≫≫他の便利アイテムを見てみる