絶対に盗まれない自転車があるって知ってる?盗もうとカギを壊すと…

昔から、自転車の盗難は数えきれないほど起こっています。

そして、今も昔もカギを着けていない自転車が盗まれやすいという事実は変わっていません。

しかし、カギを付けていても盗まれるという事もあるんですよね。

でも今回紹介する自転車は、カギを掛けてさえいれば絶対に盗まれることは無いんです!

絶対に盗まれない自転車「Yerka」

この自転車が絶対に盗まれないと豪語できる理由は…

盗もうとカギを壊すと、自転車ごと壊れてしまうから。

なぜこのようになるのかというと、もちろん反応式で爆発するなんて危険な代物ではなく、

「フレーム」と「シートポスト」がサイクルロックになっているからなんです。

言ってしまえば、自転車を守ることはできないけど、泥棒に盗もうとしただけ損にさせるということですよね(笑)

しかし、それこそがこの自転車の肝なんです。

結果的に壊れる自転車を盗もうとはしない

そうなんです。

フレームとシートポストがカギになっているため、盗もうとカギを壊したらフレームも壊れる。

これでは盗む意味が無いので、盗もうともしなくなるということなんですね。

【カギを掛ける工程はこちら】

まずは、ダウンチューブを2つに分断し、それを立てます。

次にシートチューブを抜く。

シートチューブを立てておいた分断したダウンチューブに差し込んで…

ロック完了!

この非常に斬新で、かつ捨て身とも思える自衛手段を持っているため、世界初の「絶対に盗まれない自転車」を世の中に打ち出したのです。

また、サドルだけ盗まれるというケースも自転車の盗難ではありますが、サドルも鍵の一部になっているので、この盗難も防ぐことができます。

まさに完璧な自衛ができる!とは、ちょっと言い難いんですよね…

「Yerka」はけっこう疑問点は多い。

盗難に関して完璧だと思われる「Yerka」ですが、実は疑問点も多いんですよね。

皆さんも何となく分かっているとは思いますが…。

この絶対に盗まれない自転車「Yerka」には以下のような疑問点があります。

  • フレームを2つに分断させるため、強度に問題があるのでは?
  • カギを掛けるたびに、シートポストを抜くのって流石に面倒なのでは?
  • タイヤ・ホイールの盗難は防げないのでは?

と、このように少し考えれば疑問点が次々と出てきちゃいますよね(笑)

しかし、開発者側はこの自転車の以下の魅力が、それに勝ると語っています。

  • 世界初の「絶対に盗まれない自転車
  • デザインが圧倒的に美しい
  • 自転車用の重いロックを持ち運ぶ必要がなくなる

さらに、問題と思われていたほ「ホイールの盗難」に関しては、ホイールをハブに取り付けるボルトに特別なロックを付けることで解決。

このように盗難に関しては完璧に近づいた「Yerka」。

街乗りの自転車を探しているという方には、非常におすすめですね!

≫≫他の便利アイテムを見てみる