あなたのロードが水の上を走る!?愛車で水上サイクリングが楽しめるアイテムがある!

皆さんは水は好きですか?

ロードバイクに乗っている時には錆の原因などになってしまう為、水を好まない人もいるでしょう。

しかし、「ロードバイクで水の上を走れたら楽しそう」と一度は考えたことがあるのでは?

今までは水上を走れる自転車や水陸両用の自転車はあることにはありました。

しかし、自分の普段乗っている愛車で水上を走るというのは考えもしないアイデアでした。

そんな予想外のアイデアを実現させるアイテムがこの「Shuttle Bike Kit」なんです。

ロードバイクを水上走行可能にさせる画期的アイテム

このアイテムは、自分の愛車のロードバイクで水上走行を実現させてくれます。

ロードバイクの両側にフロートを装着した双胴ボートのような形で、ロードバイクのペダルを漕ぐことで水上サイクリングを楽しむことができるようになるアイテムです。

使用方法

では、どのように自分のロードバイクが水上サイクリング出来るようになるのか見ていきましょう。

Shuttle Bike Kitの全てのパーツはこの小さなバックに収納されています。

パーツは以下の通り。

まずは、パーツをロードバイクのフレームに取り付けていきます。

取り付けるのは専用のフレームとクランプ。

もちろんフレームを傷つけないようにクッションを挟んでいるので、その点は気にする必要はありませんよ!

複雑そうに見えますが全て六角レンチで取り付けが可能なので、追加で工具を購入しなくても大丈夫です!

パーツを取り付けたら、まずはボートの本体になる浮きを膨らませます。

空気を入れるのも、使うのはロードバイクのみ。
自転車にポンプとチューブを取り付ければ…

ペダルを漕ぐことで空気がどんどん入っていきます!

腕などが疲れることも無いのが良いですよね!

空気を入れたら、ロードバイクと浮きを合体!

合体させるジョイントも鉄の棒を通して留め具を付けるだけなので簡単。

これでもう準備は完了。

後は、これを水の近くまで運んで行って…

ハイ!浮いた!!

あとはペダルを漕げば…

快適に水上サイクリングを楽しむことができます!

Shuttle Bike Kitの仕組みは?

この魔法のように水上をロードバイクで走ることを可能にしたShuttle Bike Kitの仕組みは、

後輪の駆動力を前輪の真下の推進ユニットに伝えるという仕組みで水上を移動することができるんです。

移動方法は自転車同様、ペダルを漕いで進み、ハンドルを切って方向転換できます。

どうでしょうか?これを見るだけでワクワクしませんか?

しかし、海での使用は錆の大きな原因になってしまうのでやめた方が良いかもしれませんね。

今の季節は寒くて難しいかもしれませんが、温かくなってから湖や川の近くにBBQやキャンプをしに行った際には大活躍する可能性大!

来年が楽しみですね!

≫≫他の便利アイテムを見てみる

【参考動画】