付けるだけで20%も速く走れる!?魔法のホイールカバー「Upper Wheel Fairings」

ロードバイクに乗っている皆さんなら、速く走るために知識を付けたり、軽いパーツを使ったりと様々工夫をしているはず。

もちろん、トレーニングを欠かさないという人もいるでしょう。

そんな皆さんへ、取り付けるだけで20%も速く走れるようになるアイテム「Upper Wheel Fairings」を使ってみたくありませんか?

「Upper Wheel Fairings」とは

取り付けるだけで最大20%ものスピードアップを図れるホイールカバー「Upper Wheel Fairings」は、アメリカ・ロサンゼルスで開発されました。

取り付けるだけで早くなれる魔法のようなアイテムですが、なぜ速く走れるようになるのでしょうか?

「Upper Wheel Fairings」はなぜ速く走れるようになる?

「Upper Wheel Fairings」を取り付けるだけで速く走れるようになる秘密は、ロードバイクの「空力特性を改善する」から。

そもそも車輪が付いた乗り物では、ホイール表面上部を覆わないと、空気抵抗が非常に高くなってしまいます。
実際に、ホイールの上部がむき出しになっている乗り物は、空気力学的には非常に不利なんです。

しかし、この「Upper Wheel Fairings」を取り付ければ、ロードバイクはより空力特性の高い乗り物に早変わりすることができます。

「Upper Wheel Fairings」を開発した「Null Winds Technology」では、

自転車のホイール最上部での空気抵抗は、向かい風の風速の3倍にまでなっているというデータがあると主張しています。

このような大きな空気抵抗が起きてしまう原因には、
タイヤとスポークが自転車のスピードのおよそ2倍のスピードで前方から吹いてくる風に向かって回転しているから。

もちろん、向かい風が強ければ強いほど、ロードバイクのスピードが速ければ速いほど、空気抵抗も大きくなっていきます。

そんな空気抵抗の原因となる「スポークが起こす、進行方向の逆向きの風」を「Upper Wheel Fairings」がブロックしてくれます。

これにより、同じパワーで漕いだ場合より、10%~20%も速く走れるようになるんです。

「Upper Wheel Fairings」で本当に速くなるのか疑問が残る…

「Null Winds Technology」が導き出した結論は、あくまで空気抵抗を主とした理論上の計算。

「Upper Wheel Fairings」により、車体の重量が重くなることなどその他の事象を含めた計算なのかは謎です。

クラウドファンディングサイトでは、実際に「Upper Wheel Fairings」を装着したものとしていないものとの比較をしていますし、そのあたりの信頼はしていいとは思いますが…

とにかく、走ってみなきゃわかりませんよね(笑)

しかし、理論上では速くなることは分かっているので、試してみる価値はあるかもしれませんね。

「Upper Wheel Fairings」は2種類ある

「Upper Wheel Fairings」にはリムブレーキ用とディスクブレーキ用の2種類あります。

【リムブレーキ用】

リムブレーキの部分と干渉しないようにしてあります。

ブレーキパッドを変える際も簡単に行えるような工夫を成されているので、頻繁に変えるという人でも大丈夫。

見た目的には泥よけの役割も果たしてくれるのでしょうか?

【ディスクブレーキ用】

リムブレーキがないので、ホイール上部すべてを覆っています。

使い勝手は悪くはなさそうですが、実際の効果はどうなのでしょうね…

≫≫他の便利アイテムを見てみる