【2019年版】GIANTのロードバイクのおすすめモデル ベスト9

安いロードバイクを製造しているというイメージを一般的に持たれているGIANT。

しかし、安いから悪いというわけではありません。

GIANTは誰もが求める『安くて良い』を実現している最高のメーカーの1つです。

そうでなければ、世界最大の自転車製造メーカーになることは無いですからね!

GIANTってどんなメーカー?

GIANTは店頭販売のみで販売をするという形を崩さず、皆さんご存知のクロスバイク「ESCAPE R3」は売れに売れ、一番の販売数を誇っています。

そんなGIANTの魅力は、やはり性能と価格のバランスが織りなす、最高のコストパフォーマンス。

そんなGIANTは初心者からベテラン、プロユースまで幅広い支持を得ていますし、独自技術を取り入れることでロードバイクの性能はさらに高まっています。

さらに、ロードバイクでは女性専用ブランド『Liv』を立ち上げ、さらなる市場拡大を図っています。

そんなLivの開発スタッフは全員女性で構成されており、ロードバイクはもちろん、ウェアからアクセサリー、小物までトータルデザインされている女性のためのブランドです。

ちなみに、背の小さな女性でも乗れる、XXSサイズからフレームを展開しているんですよ!

GIANTに乗っているプロチーム

  • チーム・サンウェブ(UCIワールドチーム、ドイツ)
  • シマノレーシング(Jトッププロチーム)

【Liv】

  • TEAM SUNWEB WOMEN

では早速、GIANTのおすすめロードバイクを見ていきましょう。

GIANTのおすすめロードバイク

2019年の流行といえば、パワーメーターとディスクブレーキ。

それらをしっかりと抑えているGIANTのロードバイク。

PROPELシリーズには、ディスクブレーキが付いていますし、エアロ形状を強調した作りを。

GIANTの最大の軸ともいえるTCRには、パワーメーターを搭載した完成車でなんと28万円というコスパの良さを。

TCR SLシリーズでは、カーボンにも勝にも劣らない軽量アルミを使ったコスパ最高のロードを。

これから紹介するおすすめロードバイクにはGIANTの良さがぎゅっと詰まっているのでぜひご覧ください。

CONTEND SL 1

CONTENDは、エントリロードのレベルを超える快適さ・速さを実現させる、次世代のオールラウンドアルミロードシリーズ。

その中でもこ「のCONTEND SL 1」がおすすめ。

GIANTが誇る製造ノウハウを結集させたOVERDRIVEやPOWERCOREなどの技術。
そしてDEFYシリーズの踏襲するかのようなフレーム形状が特徴。
また、アルミロードの常識を超える乗り心地を実現させるため、

  • D-FUSEシートポスト
  • 標準装備のチューブレスレディタイヤ

このような装備になっています。

価格:150,000円(税抜)
コンポ:SHIMANO 105
サイズ:410、445、480、515mm
カラー:ブラック、ホワイト

DEFY ADVANCED 2

上位グレードと同様の新型のフレームにOD規格のフルカーボンフォーク、油圧式のディスクブレーキを採用しているのが特徴。

そして、以下の3つの使用によりエントリーロードにはないさらなる快適さを実現させました。

  • D-FUSEハンドル
  • D-FUSEシートポスト
  • 28Cチューブレスレディタイヤ

より長い距離を快適に、そして様々な道路状況に対応できるエンデュランスロードがこのDEFY ADVANCED 2なんです。

価格:240,000円(税抜)
コンポ:SHIMANO 105
サイズ:410、445、480、515mm
カラー:ブルー

DEFY ADVANCED PRO 0

DEFYは今回の2019年モデルでフルモデルチェンジを決行。

エンデュランスロードの最高峰シリーズとして、新しい境地を見せてくれています。

そのそのトップグレードが、この「DEFY ADVANCED PRO」。

操作性、剛性、快適性の全てにおいて満足できるように、以下の3つを採用しています。

  • D型断面のD-FUSEハンドル
  • ディスクブレーキ専用フルカーボンホイール
  • 28Cチューブレスレディタイヤ

そして最大の特徴は、新型のパワーメーター「POWER PRO」を標準搭載している点です。

価格:600,000円(税抜)
コンポ:SHIMANO ULTEGRA Di2
サイズ:410、445、480、515mm
カラー:ブラック

TCR SL 1

ローディーから絶大な人気を誇る「TCR」に剛性を高めたまま軽量化に成功したALUXX SLアルミを採用しているのが「TCR SL」。

上位グレードの流れを引き継ぎ、レーシングジオメトリや快適性、空力性を高めるため、そして快適性を持つために以下を装備しています。

  • バリアントカーボンシートポスト
  • チューブレスレディタイヤ

レースに出たい初心者にはもってこいのロードバイクに仕上げられています。

価格:150,000円(税抜)
コンポ:SHIMANO 105
サイズ:425、445、470、500mm
カラー:ブルー、チャコール

TCR ADVANCED 1 SE

ヒルクライムやダウンヒル、平地に至るまで様々な状況でも高い走行性能を発揮できるような、重量・剛性のバランスで作られたTCRシリーズ。

そしてパワーメーターを乗せた最高のコスパを誇るのがこの「TCR ADVANCED 1 SE」。

そのOVERDRIVEフォークと、ハイグレードモデルと同じ、高い剛性を持つ軽量なカーボンフレームを使用しています。

そして最新の独自開発されたパワーメーター「POWER PRO」を搭載しながらもこの28万円という価格帯で提供することに成功。

流石GIANTというべきところですね。

価格:280,000円(税抜)
コンポ:SHIMANO ULTEGRA
サイズ:425、445、470、500mm
カラー:カーボン

PROPEL ADVANCED 2

PROPEL ADVANCEDは、エアロ性能とハンドルの操作性の高さを両立させたことで評価を得ているロード。

そのPROPEL ADVANCEDが新しいフレームになって、2019年モデルで登場しました。

クラス最高レベルの走行性能を実現するために、以下の2つを標準装備しています。

  • 回転性の高いエアロホイール
  • チューブレスレディタイヤ

ロードレースはもちろん、タイムトライアルや耐久レース、ロングライド、ヒルクライムに至るまで全てに対応した万能なロードバイクです。

価格:220,000円(税抜)
コンポ:SHIMANO 105
サイズ:465、500、520、545mm
カラー:カーボン

PROPEL ADVANCED PRO 1

普通のロードバイク並みの扱いやすさを持ちながらも、圧倒的なく力性能・剛性を兼ね備えた至極のエアロロードシリーズが「PROPEL」

そのPROPELでおすすめなのが、「PROPEL ADVANCED PRO 1」

2018年にディスクブレーキ専用仕様が開発されたのがこのモデルです。

そして今回2019年モデルでは、リムブレーキ使用もディスクブレーキと同様の新設計フレームに変更され、今まで以上のエアロ性能を発揮してくれます。

その新設計フレームは、GIANT史上最高のエアロダイナミクスと完璧な剛性設計を踏まえながらも、エアロシートピラーによる可用性まで加えられているんです!

価格:400,000円(税抜)
コンポ:SHIMANO ULTEGRA
サイズ:465、500、520、545mm
カラー:ブラック

続く2台は女性専用ブランドLivから紹介。

LANGMA ADVANCED PRO 1 DISC

名前にある「LANGMA=大地の母」の通り、どんな地形でも女性の心身を開放してくれるピュアなレーシングモデル。

最新加工によって作られたカーボンフレームは妥協無く作られており、流れるような美しさを醸し出していますね。

そして、新型のチューブレスタイヤを使用しているので快適性もピカイチ。

価格:¥400,000(税抜)
コンポ:SHIMANO ULTEGRA Di2
サイズ:385(XXS)、410(XS)、445(S)
カラー:レッド

ENVIE ADVANCED PRO

この「ENVIE ADVANCED PRO」は、唯一の女性専用エアロロード「ENVIE」の最上位グレード。

そのため、女性でエアロロードを欲しいと思っている方はこのモデルがピッタリでしょう。

さらに最上位グレードといっても、GIANTなので価格も恐ろしい値段でもないというのも手が出しやすいですよね!

最先端のエアロダイナミクスでトップレベルのスピード効率、そして合成に優れた軽量カーボンフレーム。

このフレームはもちろん、ジオメトリやサイズ、剛性に至るまで「女性専用設計」になっているので、ハンドリングの面でもロードバイクに劣ることはありませんよ!

さらに、アルテグラDi2を採用したりチューブレスレディタイヤを採用することで快適性もプラスされています。

価格:¥400,000(税抜)
コンポ:SHIMANO ULTEGRA Di2
サイズ:430(XXS)、465(XS)、500(S)
カラー:ブラック

まとめ

いかがでしたでしょうか?

価格にばかり目が行きがちなGIANTですが、上位機種になればなるほど、最新のテクノロジーをしっかり取り入れています。

その上で、あの価格を維持しているということを忘れないでください。

もちろん、エントリーモデルなどでもコスパに関しては他を寄せ付けないほどです。

初めてのロードバイクにも、次の一台にも、どんな方にでもGIANTのロードバイクはおすすめできます。

ぜひ、GIANTでロードバイクライフをさらに潤してみませんか?