電力不要でライト並みに光る!?高機能反射板「FLECTR 360 OMNI」が便利でカッコいい

異様なほどに光っているホイールについている物体。

最初はライトの類いだろうと思うでしょうが、実はこれ反射板なんです。

このように、リムに張り付けているだけの薄いシールのような反射板なんですよこれ。

FLECTR 360 OMNIの特徴

360°どこからでも視認できる

まず第一の特徴は、360°どこからでも視認できるという点。

ナイトライドでは車から視認されるか否かで、事故率が大幅に変わります。

そのため、360°どこからでも視認できるという特徴は安全面では非常に重要なことなんです。

どこにでもどんな形でも貼ることができる

FLECTR 360 OMNIは、リトロリフレクターの一種であるコーナーキューブで表面を金属膜化することで、このライトのような光を実現しているんです。

そんなFLECTR 360 OMNIは、リムに張り付けるのでライド中は常に回転することになります。

従って、ランダムに発行するようになるので視認率はグンと上がり、危険を未然に防ぐことに繋がるでしょう。

さらに、FLECTR 360 OMNIは、ハサミで自由にカットできるのでどんな自転車にも張り付けることができます。

個性を出した形に切り出してフレームのアクセントにすることもできますよ!

重量がほぼ無い

ロードバイクに張り付けるのであれば重量には気を付けたいところ。

でもFLECTR 360 OMNIなら大丈夫。

見ての通り非常に薄いですし、重量はなんと2g。

重量に関しても空気抵抗に関してもいう事無しです!

国際的に高い評価を得ているデザイン

FLECTR 360 OMNIは、機能だけでなく、デザインでも非常に高い評価を得ています。

なんとデザインの賞の受領経歴は以下の通り。

  • ISPO BRANDNEW FINALIST 2017
  • EUROBIKE AWARD WINNER 2017
  • ドイツデザイン賞優秀製品デザインの受賞者2018
  • ドイツブランド賞ノミニーブランドの優秀賞2018
  • ドイツイノベーションアワードノミニー2018優秀賞
  • EUROBIKE AWARD WINNER 2018

このように6つもの賞をもらっているんです。

それ程に優れたアイテムだということですね。

FLECTR 360 OMNIがあればリアライトは要らない?

FLECTR 360 OMNIはリアライトのような電気照明に比べて大きなメリットがあります。

それはメンテナンス不要だということ。

では、FLECTR 360 OMNIがあればリアライトは要らないかというとそうではありません。

リアライトはロードバイクの後ろについているという認識があるため進行方向を車に伝えるものでもあるんです。

そのためリアライトを外して、このFLECTR 360 OMNIを付けるというのはやめてくださいね。

リアライトと併用することでさらなる危険回避に繋がるんですからね!

≫≫他の便利アイテムを見てみる