【Q&A】初心者も中級者も必見!ロードバイクのアイテムについての疑問を解決!

ロードバイクには様々なアイテムが乗っています。

ライトやベルなど細かな使い方がよく分からない人もいるのではないですか?

そんなロードバイクのアイテムについての疑問をQ&A形式でお話していこうと思います!

それでは早速見ていきましょう!

ロードバイクのアイテムについてのQ&A


フロントライトの点滅って法律的に無灯火と同じなの?

最初に答えを言うと、『フロントライトは点滅ではダメ』です。

道路交通法では

「車両等は夜間、道路にあるときは、政令で定めるところにより、前照灯、車幅灯、尾灯、そのほかの灯火をつけなければならない」

「車両等は、夜間、道路を通行するときは、各号に定める灯火をつけなければならない」

と定められています。

以上のようになっていますが、「灯火≠点滅」なのでフロントライトは点滅ではダメです。

「ライトは相手にアピールするもの」という認識をしている人が多いため、点滅モードの人も案外多いですがNGなので気を付けてください。

点灯モードだけだと基本的にはOUT!


バーテープは外側・内側どちらから巻けばいい?

基本的には内側から巻くことをおすすめします。

なぜかというと、ハンドルを力を入れて握った時、ばーてぷが緩まないようにするため。

これが一般的なセオリーです。

しかし、ハンドルを握った時、指にバーテープが沿うように、あえて外側から巻く人もいます。

このように実際にはどちらで巻いてもOK。

外側・内側どちらでもOK。好みで決めて良し!


テールライトは赤いライトを点滅させても大丈夫?

先ほども言ったように、ライトはフロント、リアに限らず灯火させている必要があります。

細かな決まりは自治体で変わりますが、東京は点滅ではNG。

夜間やトンネルでは転倒させてい無ければいけません。

もちろん、反射板があればリアライトを投下させる必要はありませんが、安全面を考えればライトにした方が良いでしょう。

点滅は基本NG。反射板を付けてたら点滅でもOK!


ベルは鳴らしちゃいけないって聞いたけど本当?

標識の「警告鳴らせ」がある場所を除けば、これは本当です。

警告鳴らせの標識があるのに鳴らさないと、交通違反で罰金を取られてしまいますので、ベルは付けなければいけませんよ!

しかし、「歩行者が邪魔」という理由でベルを鳴らすのはNG。

ベルを鳴らしていいのは「危険を防止するためにやむを得ない場合」のみです。

基本的にはベルを鳴らさず、減速して様子を窺ったり、止まって安全を確保するほうが良いでしょう。

基本的にはベルは鳴らしてはいけない!


これがロードバイクのアイテムに関してのQ&Aです。

こういう細かな知識も持っていたほうが良いので、気になったらぜひ調べてみたりして知識を付けておきましょう!

【関連記事】

【Q&A】初心者も中級者も必見!ロードバイクのライドについての疑問を解決!

【Q&A】初心者も中級者も必見!ロードバイクのメカについての疑問を解決!

【Q&A】初心者も中級者も必見!ロードバイクの補給食についての疑問を解決!