【議論勃発!!】スタンド「ありVSなし」意見が真っ二つに分かれる

ロードバイクにはスタンドは付けないというのが、一般的。

さらに、『ロードバイクにスタンドはダサい』という風潮までありますよね?

そこで、今回はロードバイクにスタンドは本当にダサいのか、不要なのか。

それについて、見ていきましょう。

この議論は賛否両論?

色々な声を見た結果、ロードバイクにスタンドを付けることに対しての意見は賛否両論あった。

まずはスタンドはダサいのか、ダサくないのか、色々な意見を見ていきましょう。

ダサイ派の意見

この他にも、

  • ダサいかと問われれば全力でダサいと思う
  • ロードバイクにスタンドは恥ずかしい
  • ダサいし、重くなるし、何より必要ない。
  • スタンドを付けるとフレームが傷ついたり壊れる危険があるから付けない。
  • 軽いければ軽いほどいいロードバイクにスタンドはナンセンス

このような意見がありました。

ダサくない派の意見

  • ダサいかダサくないかで言えば、ダサくはない
  • スタンドは別に目立たないし、見た目はそれほど変わらない。
  • 付いているからダサいとは思わない。むしろスタンドは便利だから必要。
  • 見た目を損なわないスタンドを付ければ全く問題なし

以上のような意見がありました。

そして、このような意見を探しているうちに面白いブログを見つけた。

このブログは真理を付ついているような気がする。

※引用していますが言葉使いが特徴的なので、分かりやすく書き換えています。

ロードバイク乗りには徹底的にスタンドを毛嫌いする偏見がある。

これは何となく分かる気がしますね。

ロードバイク愛好家は特殊な神経をしてて、全身タイツみたいなサイクリングパンツを好んで、ボトルケージを付けて走るのがカッコいいと思ってる。
それなのに、絶対誰も見てないスタンドは嫌ってる。

軽量化する目的もあるので見た目だけってことは無いかもしれませんが…
でもこの原理に従えば、「ボトルゲージもダサい」って言われると思うので、少し不自然ですね。

スタンドが無ければ、寄り掛けるか、地面に転がすしかない。
街乗りするならスタンドがあった方が良いと言われるが、むしろ田舎のように構造物や壁が少ない場所の方が必須。

止まることは少ないけど、ロングライドで山とか田舎の方に行くといざ止めなきゃいけない時には困るかも。

スタンドのないこの不器用な効率の悪さにちょっとした戦闘機のパイロットになったかのようなうぬぼれた満足感が出てきた。

このうぬぼれの感情をどうにか肯定したいがために、「軽量化のため」「スタンドはダサい」と考えてしまうのでは?

んー、これは人によるかもしれないですが、本当に軽量化のため、ダサいから付けてないという人はいっぱいいると思います。
ちなみに私は街乗りに使っているロードには、スタンド付けてます(笑)

続いて、ロードバイクの見た目はスタンドで本当にダサくなるのか、比べてみましょう。

スタンドがついたロードバイクの画像

引用 CHIBA CYCLE 湘南藤沢店ブログ

そこまでカラーも統一されていますし、そこまでダサいとは思えませんね~。

でも走っていてスタンドが上がっている状態なら少し「んっ?」と思ってしまいそう(笑)

まとめ

本来ロードバイクにスタンドは付けるべきものではありません。

そんな、不要なものが付いているという気持ちや少し違和感があるため、ダサいと思う人が多いのではないでしょうか?

しかし、実用性や迷惑にならないということを考えればスタンドは非常に重要なものです。

どこでも自立させられるので、写真を撮る時にも便利ですしね!

そのためロードバイクにスタンドを付けたいと思っている場合は、自分の感性やロードバイクの使い方を考慮して考えることをおすすめします!