おすすめのロードバイク用インソールを10個紹介!これを入れるだけで速くなれる!?

正しいペダリングをする為にはライディングフォーム、そして足の動きが重要です。

特に足の動きは単純に思えて、実際に考えてみるとすごく複雑で難しいんですよね…

でもあることをするだけで劇的にペダリングの脚に動きが良くなるとしたらどうでしょうか?

皆さんには、シューズにインソールを入れて走ることをおすすめします。

インソールを入れていない時の脚の状態とは

足の裏から始まるアライメントのズレが、その上のスネ内部の骨のズレとなり、そこから連鎖的にヒザや大腿骨の向きを変えてしまいます。

こうなってしまうと、ペダルに適切な力を掛けることもできませんし、ペダリングにおける力のロスが生まれてしまうんです。

つまり、シューズの中で足の裏が少し傾くだけで様々な脚の骨や関節がロスを作り出し、力を伝えられないだけでなく、疲労や痛みにまで繋がることも…

これでは正しいペダリングは難しくなってしまうでしょう。

これに加えて、インソールを入れていないと3点アーチを作れていないことが多くなってしまいます。

3点アーチ
土踏まずを形成する母趾球、子趾球、かかとを結んだときにできる三角形のこと

この3点アーチができていないと股関節がロックしやすくなります。

このように色々な弊害を生み出してしまうのですが、鍛えることでこれを解消することが出来ます。

とはいっても、その足裏の傾きは人それぞれで違うので、これをすれば治る!というトレーニングがないんです。

そのため個人で治すのは相当難しいでしょう。

でも足裏の傾き、3点アーチ。

この2つの問題を解決してくれるのがインソールなんです。

インソールを使って関節のゆがみを起こさない!

世の中に出ているロードバイク用のインソールは、足裏から始まるアライメントのズレを整える効果と、3点アーチのサポートを目的に作られています。

そのため、インソールを入れるだけでアライメントのズレはなくなり、3点アーチも改善。

足がシューズ内で動かない状態を作ることができるんです!

もちろんビンディングシューズなど普通のシューズにもインソールは入っていますが、ペラペラのインソールでは何の意味もないので注意してくださいね。

ちなみにロードバイク用のインソールとして販売されている物も様々ありますが、どれも構造が似ているため一定の効果は得られるでしょう。

価格も一万円を超えないものもたくさんあるので、ぜひ試して頂きたいです!

インソールはあくまで補助的効果があるだけ

価格も比較的安く、入れるだけでペダリングの効率が上がるインソールはもう買うしかありません!

スピードアップの可能性も大いにありますよ!

でもちょっと待ってください。

あくまでインソールは補助的な効果しかないので、本質的にペダリングが改善されるわけではありません。

理想はそのようなインソールが無くても正しいペダリングができることです。

インソールを使って正しいペダリングで走りながらも自らの身体にも向き合っていかなければいけませんよ!

最後に、序盤に行ったように人の足の裏は千差万別。

人によって特徴があるので、インソール選びは注意して行うことが大切です。

シューズとの相性もありますしね。

では続いて、おすすめのインソールを紹介していきます。

おすすめのロードバイク用インソール10選

1.【SPECIALIZED】BODY GEOMETRY FOOTBED

このインソールはスペシャライズド独自のボディジオメトリーフィットというシステムに組み込まれています。

ボディジオメトリーフィットとは、ライダーの持てる力をフルに引き出すためのシステムで、ポジションやペダリングの理論や実践を個人ごとに合わせてくれるシステムです。

このBODY GEOMETRY FOOTBEDは、専用の測定機を使い脚のアーチの高さを計測して、3種類あるモデルから自分に合うものを選ぶことができます。

疲労によるアーチの潰れと血管や神経の圧迫を防ぎ、ペダリングの安定に貢献してくれますよ。

価格:4,500円
重量:53.5g

2.【BONTRAGER】INFORM BIODYNAMIC INSOLE

このインソールは、古くからインソールを専門医製作してきたスーパーフィット社と連携した作られた最高品質のインソール。

ペダリングの力が母趾球の周辺に伝わった際にその力を広く均一に分散させる効果を持っています。

これにより快適性とペダリング効率を向上する効果を狙っています。

欧州のシクロクロスチーム「テレネット・フィデア」へのサポートを行っていて、激しいシクロクロスの業界でも使用されているインソールなんですよ。

価格:4538円
重量:68.5g

3.【SOLESTAR】KONTROL

このインソールはアンドレ・グライペルやクリスディアン・クネースなどの有名な欧州ロード選手が使用しています。

そんなソールスターの特徴は、完璧すぐるほどの剛性と高いグリップ力。

土踏まずの下あたりにあるカーボンは非常に硬く作られており、ペダリングのパワーを逃がすことはありません。

また、グリップ力が高いことからポジションのズレを防ぎ、脚が本来あるべき位置に固定してくれる効果もあります。

軽量化や水はけなどのアップデートもされており、非常に性能が良いインソールですよ。

価格:14,800円
重量:107g

4.【ERGON】IP3 SOLESTAR

エルゴンの「IP3 SOLESTAR」は名前の通り、上で紹介したSOLESTARとの共同開発により製造されました。

共同開発といっても製品は全くの別物。

「IP3 SOLESTAR」は全体的に硬すぎないように作られており、中間層にEVAフォーム製パッドを入れています。

振動吸収高めており、少し柔らかいかなという気もするくらいです。

その他にもグリップや触り心地など至る点に違いがあります。

こちらのインソールはがちがちのレース向けではなく、初心者中級者やロングライドをする人、ホビーライダーにおすすめです!

価格:7,000円
重量:90g

5.【SIDAS】BIKE+

このインソールは体重による熟成型のロードバイク用インソールです。

熟成型のフィッティングが基本で、通常モデルよりも高いフィット感を得ることが出来るでしょう。

カカトの収まりも良くブレのないペダリングができると高評価を得ていて、ロード日本チャンピオンの畑中勇介選手や、元プロレーサーの宮沢崇史さんも愛用していますよ。

価格:7,900円
重量:103.5g

6.【FUSION-FLEXI】FUSION-FLEXI+S

このインソールは医療現場で培った経験と技術を元に製造されたスポーツインソール。

製造している松本義肢製作所は、医師の処方を元に、脚の問題に対して治療を目的としてインソールを制作していた会社。

そのためこのような医療の力を採用したインソールを作り出すことが出来んですね。

スポーツインソールは基本的にはフルオーダーが基本ですが、このFUSION-FLEXI+Sは違います。

FUSION-FLEXI+Sはこれまでのオーダーにより得られたデータをもとに、より多くの人に適合させたモデルなんですよ!

そしてこのFUSION-FLEXI+Sの特徴は、側面の壁に注目しているということ。

柔軟性と反発性の高い素材を足を包むようにフィットさせることにより、カカトを安定させてペダリングをサポートしてくれます。

価格:5,500円
重量:92g

7.【CURREXSOLE】BIKEPRO

スポーツ医学と自分の選手経験と学識を活かした開発されたのがこのインソール。

「足に優しいインソール」が謳い文句で、プロのレーシング選手向けというよりは、衝撃吸収を重視するロングライド向けに作られています。

通気性も高いため長い時間の使用でも快適に走れるはずですよ!

8.【BIKEFIT】ITS-E WEDGE

見てわかる通り、今までのインソールとは全く異なる形をしています。

このインソールは元々あるインソールのつま先の方に挟み込むというスタイルのインソールです。

効果としては、足裏からのクリート&ペダルへの圧力のかかるポイントを均一化する。というもの。

これを入れることで序盤に紹介した2つの点を改善することができます。

小さく価格も安いので、インソールの力を試したい人はここから始めても良いかもしれませんね。

価格:3,420円
重量:17.5g

9.【BIONTECH】BIONTECH INSOLE

このインソールは今まで紹介してきたロードバイク用のインソールではなく、歩行用と兼用のインソールです。

皆さんはロードバイクに乗るとき、必ずビンディングシューズを履くでしょうか?

履かない人も多いと思いますし、クロスバイクに乗る人はスニーカーなどで走ることも多いのでは?

その時にこのインソールが活躍します。

もちろん、ロングライドや旅行のためにロードバイクに乗るときは、当然歩く機会も増えるはず。

その時にビンディングシューズではさすがに厄介。

そこでこのインソールを入れたシューズを履くことで、どちらにも対応できるようになるんですよ。

そして、熟成型であるのにも拘らず、4,000円以下という安さ。

このインソールは家庭用の電子レンジを使って整形できるので、誰でも熟成型のインソールを低価格で使うことができるようになるんです!

ロードバイクで旅行をする人、ビンディングシューズを履かないでクロスバイクなどに乗る人には非常におすすめです!

価格:3,600円
重量:158g

10.【BMZ】V-TUNE

このインソールは日常から運動時まで身体のゆがみを強制する効果があります。

さらに、指先部分が柔らかく、初めての人でも抵抗なく使用できる点が特徴。

BMZは、従来のアーチサポートでは「安定性」と「運動性」の相反する二つの要素を同時に満たすことはできない。

という独自の理論を提唱しています。

土踏まずを強くサポートする従来のインソールでは、安定性は向上できても運動性を妨げてしまいます。

そのため、土踏まずの上にある立方骨に注目し、「立方骨を下方から支えて土踏まずを支えすぎない」という結論に至りました。

表面に人口スウェードを採用し、グリップと肌さわりが良い作りになっています。

価格:6,800円
重量:51g

以上がおすすめのインソールです。

いつも使っているビンディングシューズにこれらを入れるだけでペダリングの効率やロスをなくすことが出来ます。

価格もそれほど高くないので、ぜひ使ってみてくださいね!