路面の状況が一目瞭然!夜の段差や小石を回避できる格子模様の自転車用ライト!

自転車を乗る際は「暗くなったらライトを点灯する」ということが当然ですよね。

しかし、ライトをつけてるからと言って、すべての路面状況が把握できるわけではありません。

例えば、石が落ちていたり、段差があったり、穴が開いていたり…。

それが原因で落車してしまったなんて人もいるのでは?

「こんなの気づくだろう。」というものでも、暗い道ではなかなか気づかない可能性が高いのです。

でも、このライトなら路面状況が一目瞭然!

そんな自転車用ライトについて詳しく見ていきましょう。

格子模様で路面を判断「Lumigrids」

「Lumigrids」は路面に格子模様を描く、一見変わった自転車用のLEDプロジェクターライトです。

では、なぜ路面に格子模様を描くのでしょうか?

形状の変化が把握しやすい

夜間走行の安全性を高めるために設計された「Lumigrids」の特徴は何と言っても、格子模様の光です。

普通のライトでは判断できないような路面状況も、格子模様の形状が変化することでしっかりと把握することが可能になりました。

さまざまな道を走るローディーのみなさんにはぴったりライトですよね。

さらに、「Lumigrids」は独特な光を放つため、歩行者や自動車のドライバーが、自転車の接近を早めに察知できるという効果もあるようです。

今はまだ購入することはできませんが、安心して夜道を走るためにも早めの市販化を期待したいですね!

≫≫他の便利アイテムを見てみる