ロードバイクに本気ならこのサイコンを選べ!おすすめの高機能サイコン6選

ロードバイクをさらに楽しむ、さらに速くなるためには高機能なサイクルコンピューターが必須。

数字として自分のライドを見られるようになるのは、成長を実感するためにも必ずあったほうが良いアイテムです。

しかし、一言にサイコンといっても様々な機能、価格帯などで色々な種類があります。

以前、ロードバイク初心者に向けた一万円以下で購入できるおすすめサイコン 7選を紹介しました。

そこで今回は初心者を抜け出したい人、本気でロードバイクを楽しみたい、速くなりたい人へ。

これを買えば安心だ!という高機能なおすすめサイコンを紹介していきます!

おすすめの高機能サイコン6選

1.GARMIN Edge 130

サイコンブランドの大手、ガーミンから販売されている王道「GARMIN Edgeシリーズ」。

そんなGARMIN Edgeから2018年に登場した「GARMIN Edge130」はなんと2万円台の非常にリーズナブルな価格でありながらも、あらゆるハイスペックな機能を搭載した今大注目のサイコンです!

そもそもGARMINには、STRAVAと自動連動する「GARMIN Connect」などローディーにとって嬉しい特別な機能があります。

それに加えて、1.8インチの液晶、バッテリー連続使用13時間、そして重量が33gという軽さ。

機能と価格のバランスが非常に良く、コスパも最高なサイコンになっています。

画面はモノクロ液晶なのですが、MIP技術の採用により視認性は高いので安心ですよ。

さらに勾配測定機能やライブトラック機能、SNSの通知機能まで、様々な便利な機能が付いています。

ロードバイク上級者になると少し物足りなさはあるかもしれないですが、人によってはこれで充分だという人もいるでしょう。

ロードバイクを本気でやりたいと方ならこれを持っていれば満足できるはずです!

2.GARMIN Edge520J・Edge1030

Edge520J

GARMIN Edge520J・Edge1030は、誰もがし聞いたことがあるであろうサイクルコンピューターだと思います。

電動コンポSHIMANODi2、ANT+に対応するパワーメーターに接続可能。

中でも、ガーミンの最上位モデルであるEdge1030は、3.5インチのフルカラータッチパネルディスプレイ。

そのため、詳細なマップ表示もできます。


Edge1030

しかし、価格が10万円近くするので、初心者が最初に買うにはハードルが高いのでしっかり考えて購入しましょう。

逆にEdge520Jは、2015年発売で値崩れしてお買い得になっていますが、コスパを考えると先ほど紹介した「GARMIN Edge 130」の方がおすすめかもしれません。

3.Wahoo ELEMNT GPS

Wahooは2009年にアメリカで始まった企業で、サイコンの他にもスマートローラーなどでも人気が高い自転車のアクセサリブランドです。

ちなみに、Wahooはヨーロッパで人気が高く、サガンなどツール・ド・フランスに出るプロのロードレーサーにも愛されています。

そんなWahooが販売している「Wahoo ELEMNT」は、日本のホビーユーザーにも好まれ、その人気はGARMINと並ぶほど。

BluetoothとANT+の2つを採用した、GPSナビにも優れたサイコンです。

画面の視認性も高く、LEDインジケータによる表示はかっこよく、ナビを使うときもわかりやすいのがおすすめできる点です!

「Wahoo ELEMNT」にはこのほかにも、「Bolt」や「 MINI GPS」があります。

「Bolt」はWahoo ELEMNT GPSに比べて、40gほど軽量化されエアロ形状になっていてレース向き。

「 MINI GPS」はボタン電池式で31gという軽量サイコンで、価格も一万円でリーズナブル。
機能は上位モデルにには及ばない。

以上のようなサイコンもおすすめですが、「Wahoo ELEMNT GPS」が一番バランスが良いのでおすすめです。

さらにWahooでは、Bluetooth SmartとANT+両方の無線に対応したスピードケイデンスセンサーや世界初のiOSサイコン「Wahoo Fitness RFLKT」も開発。

Wahooのスマートローラーの「KICKR」との連動できる点もおすすめできるポイントです!

4.LEZYNE MICRO GPS

デザイン性が高くオシャレなライトなどのアクセサリーで知られるアメリカのLEZYNEのサイコン。

  • 高機能ながらもリーズナブル。
  • コンパクトな画面もあれば大画面もある
  • モノクロ液晶にカラー液晶

このような様々なサイクルコンピューターを発売しています。

もちろんどのモデルでも満足していただけると思いますが、コスパを考えると一万円前半で購入できて機能性もある「LEZYNE MICRO GPS」がおすすめ。

それ以外には、「LEZYNE MEGA XL GPS」という「スーパーGPS」の後継機として2018年に発売されたモデルもあります。

48時間という長時間使えるバッテリーに、9つの項目を分かりやすく表示できるシャープの2.7インチ大画面ディスプレイを採用したサイコン。

Bluetooth Smartや縦横表示対応、マップ表示のルート案内などのナビ機能も大幅に向上。

価格も2万円台と抑えられているので、初めての方やロングライドをする人にもおすすめです!

5.bryton Aero60

以前のコスパに優れたサイコン7選でも紹介したbrytonの、フラッグシップモデルのサイコンです。

以前のフラッグシップモデルだった「Rider530」に比べ、GPSとマップが強化されて30時間以上のバッテリーとBluetooth Low Energy、ANT+対応、エアロ形状と機能は盛りだくさん。

それでいて価格が2万円台という安さで購入できます。

フラッグシップモデルが2万円台とは、流石brytonですね!

6.POLAR V650

GARMIN Edgeに対抗するかのように販売されている、フィンランドのポラール社が最先端の技術を採用して開発したサイコンがPOLAR V650。

  • AGC(旭硝子)のDragontrail製ガラスウインドウ
  • IPX7耐水性
  • 2.8インチの大型高解像度カラーディスプレイ
  • 気圧計搭載
  • スマホ連動&データ累積
  • LEDライトとディスプレイバックライトが自動点灯
  • 最長12時間のトレーニング記録が可能なバッテリー

以上のような機能が満載の超高機能サイコンです。

ハートレートセンサーに強いPOLARへの信頼も、このサイコンをおすすめ出来るポイントです。

サイコン以外の選択肢

サイクルコンピューターは、上ハンにつける物が多いですが、スマートウォッチのような腕時計型のサイコンもあります。

コンパクトでスマートウォッチとしても使うことができるので、便利なアイテムです。

そのおすすめの腕時計型のサイコンを紹介します!

GARMIN fenix5S

腕時計型のサイコンで一番のおすすめなのが、「GARMIN fenix」シリーズ。

「GARMIN fenix5S」はロードバイクの速度やケイデンス計測のサイコン、水泳やランニング用のスポーツウォッチ、普段使いまでできる活動量計として使えます。

腕時計型のサイコンの良い点は、サイコンとしてだけではなく普段使いのアイテムとして使えるという点。

ロードバイクに乗るときだけ使うのがもったいないという人には一石二鳥になることでしょう!

古いモデルですが、「VIVOACTIVE J HR」も2万円台で購入できる光学式心拍計を備えるのでサイコンとして使えるスマートウォッチですよ。

SUUNTO 9

上で紹介したGARMINの腕時計型のサイコンのライバルとなるのがコレ。

フィンランドの「SUUNTO9」。

GPSの連続使用が120時間でパワーメーターの表示もできる、サイクリングモードを搭載したスマートウォッチです。

専用アプリを使用してトレーニング結果を分析できる心拍計も正確。

王道のGARMINを選びたくないという人はこちらがおすすめです!

TOPEAK Duoband Speed&Cadence Sensor

これはサイコンでもスマートウォッチ型のサイコンでもありません。

実はサイコン以外にも選択肢があり、これはその一例。

こちらの商品のようなセンサーを使って、スマホをサイコンにするアイテムです。

  • バッテリー寿命1,000時間
  • 防水性能IPX7
  • BluetoothとANT+の両方に対応
  • サイコンアプリとの同期が可能
  • スマホアプリとの連携

このような機能があり、BluetoothとANT+の通信規格を満たす様々なサイコンなどとの接続もOK。

しかし、スマホをサイコン化してしまうとスマホのバッテリーがすぐ無くなるなど様々なデメリットがあります。

そのため、普通のサイコンを購入して使うことをおすすめします。

まとめ

以前の記事から、様々なブランド、様々な種類のサイコンを紹介してきましたが、皆さんに合うようなものはあったでしょうか?

サイコンは意外と低価格で高機能を持ったものを購入できますので、ここで紹介したサイコンを選べば大きな失敗をすることは無いはず。

自分のロードバイクの乗り方や予算を考慮して、自分に合った最高のサイクルコンピューターを選んで、さらにライドを楽しみましょう!

【関連記事】

サイコンが一万円以下で購入できる!?コスパ最高のサイクルコンピューター 7選