たった5分で電動アシスト自転車に変身!!後付け可能なコンバージョンキッド「ONwheel」をご紹介。最後に残念なお知らせも・・・。

日本ではもちろんですが、実は欧州でも電動アシスト自転車が流行しています。

それに伴い、今乗っている自転車に後付けのコンバージョンキッドを付けることによって、たった5分で電動アシスト自転車に変身させることができるアイテムが登場しているんです。

その名も「ONwheel」!!

タイヤに直接動力を伝えることで、取り外し可能なコンバージョンキッドになっています。

今回はそんな便利なアイテム「ONwheel」の詳しい情報について見ていきましょう。

「ONwheel」

「ONwheel」のバッテリーはボトルのような形状をしており、専用のバッテリーマウントを自転車のボトルゲージのように設置するだけで、簡単に取り外しが可能になります。

 

上記の画像のように、バッテリーの取り外しは片手でぽんっと超簡単!

自転車にまたがりながらでも、楽ちんに取り外しが可能です。

消費したバッテリーはオフィスのデスクでも充電することができます。

タイヤに動力を伝えるモーターユニットは、普段自転車スタンドを取り付けている“スタンドプレート”に装着。

専用のマウントをネジで固定しておけば、あとはモーターユニットを付けるだけなので、取り付け・取り外しにかかる時間はわずかの数秒だけなんです!!

スタンドプレートのない自転車であれば「ONwheel」付属のプレートを使用することで、クロスバーに直接取り付けることができます。

バッテリー用マウントとモーター用マウントの取り付けにかかる時間はほんの5分程度で済むのだとか。

普段乗っている自転車をこんなにも簡単に電動自転車に変えられるなんて、驚きですよね。

しかし、最後にとても残念な話をしなければなりません。

実はこの「ONwheel」、取り付けをしてしまうと、日本では公道を走ることができないんです!!

みなさん気を付けてくださいね。

今のところ「ONwheel」を取り付けて走行すると、日本では法律違反になってしまいます。

それにしてもこんな良い製品が欧州では続々と開発されているなんて、とってもうらやましい・・・。

日本でも近い将来、ぜひ一般的な電動機付き自転車として扱われることを期待したいですね。

「ONwheel」の参考動画がコチラ!

≫≫他の便利アイテムを見てみる