ライト・GPS・ダイナモすべての機能が詰まった話題の自転車「Volata」をご紹介します。

自転車のライト・サイクルコンピュータ、さらには電子制御サスペンションから電動シフトまで、自転車のツールは次々と電子化が進んでいます。

でもそれらのツールのほとんどは、外部から電気を供給してあげる必要があり、充電していなかった場合には「使いたいのに電源が付かない・・・。」なんて思いをしてしまいます。

特にライトやサイコンを取り外して、自宅やオフィスで充電するなんてとっても面倒くさいしナンセンス。

そんな悩みを全て解決してくれるとっておきの自転車が、今回ご紹介する「Volata」です。

早速ですが、そんな便利な「Volata」の詳しい情報についてお伝えしていこうと思います。

「Volata」

今回ご紹介していく「Volata」は、ライトやGPS、さらには盗難防止装置などが初めから搭載されている自転車です。

それに加え、それらの機器に供給する電気は全てダイナモを利用して発電するため、充電切れの心配も一切ありません。

これまで定期的に行っていた充電作業も、毎日気にせず自転車に乗っているだけで、どんどんと蓄電されていきますよ。

まさに「Volata」は“自転車通勤者向け”の自転車と言えるでしょうね。

 

「Volata」に詰め込まれている機能はこれだけにおさまりません。

例えばステムに2.4インチの小さなスクリーンが搭載されており、スマートフォンと連動してナビゲーションとしての機能も果たしてくれます。

どうしてもスクリーンが小さいので詳しい情報を表示することはできませんが、100m程度先の情報までであればしっかりと表示できるそうです。

走行中にはかなりありがたい機能ですし、時間の節約や走行中の安全にも役立つ機能と言えるでしょう。

自転車のライトは周囲の明るさを随時感知し、自動で点灯する仕組み!

自転車でありがちな「夜間の点灯のし忘れ」もありませんので、帰宅時の安全もしっかりと確保してくれますよ。

 

フロントライトの“明るさ“も魅力で、前方についている2つのライトの明るさはなんと合計で300ルーメン!

さらにリアにも広範囲に光るライトが装備されていますので、側面や後方の安全も確保することができます。

 

自転車の各機能は、ハンドルバーに取り付けられたジョイスティックによりコントロールすることが可能です。

走行中にスマートフォンで現在地を確認する必要もなくなりますので、とても安全性が高い自転車と言えるでしょう。

「Volata」は見た目もかっこいい

こんなにもたくさんの機能が詰まった自転車「Volata」ですが、実は見た目もかっこよく設計されているんです。

ライトやステムのスクリーンに必要な配線ケーブルは、全てフレームの内部に隠れるような設計になっているため、かなりスッキリとしたルックスを楽しむことができます。

上記でご紹介してきたような、とてもかっこよくて便利な機能が詰まった「Volata」は現在、公式サイトで購入することが可能!

価格は3,499ドルと決して安い値段ではありませんが、今までの常識を一新した画期的な自転車ですので、少しでも興味のある方はぜひ一度、公式サイトをご覧になってみてはいかがでしょうか??