ロードバイクは危険だ!!そんなイメージを払拭したい、まずはロードバイクのマナーを知ろう。

ママチャリの方が危ない?否定はしないですが、今はそんなことは関係ないです!!

まず、ロードバイクの一般的なイメージの1つに『危ない』というマイナスのイメージがあることはご存知かと思います。

これはスピードが速かったり、ロードバイクが車道を走るので車が危険を感じることが多いためです。
車を良く運転するロード乗りの方なら少しはそう思ったことはあるはず…

私もそのうちの1人なので、怖い、危険だという意見を全否定はできません。
もちろん、マナーが悪いママチャリなどの存在も忘れてはいけませんが…

しかし、ローディーのマナーを広く知らせることでは非常に重要です。

なぜなら、ロードバイクを乗っている人全体のマナーが改善。
それにより皆さんのようなマナーを守っているローディーのイメージを回復することにも繋がるからです。

今一度、ロードバイクのマナーを再確認しておきましょう。

車のドライバーとのアイコンタクト

これが一番重要です。
先ほども言ったように、車や歩行者はロードバイクを危ない、怖いと思っています。

  • 突然車側に寄ってくるんじゃないか
  • 後方確認せずに車線変更をするんじゃないか

などなど、車のドライバーは自転車の動きが心配。

まずはその心配を少しでも減らすために、「私は車が来ていることに気づいていますよ」というように伝える必要があります。
それによって、「車の運転手は車に気づいてる、突然こっちに寄って来ることは無い」と、安心するんですよ。

まずは車に気づいたら、それを知らせるためにアイコンタクトをすること。
これを一番に行うように心がけましょう。

これをすれば車の煽りなどされることも格段に減りますよ。

信号待ちの時、先頭に行って車と横並びしない

自転車は車に抜かれます。これは当然のこと。
このロードバイクを抜く、この時に車は一番神経を使います。

そのため、信号待ちの時に車道の脇をするすると抜いて先頭に行くと、
「また、ロードバイクを抜かなきゃいけないのか…」と億劫になるのは当然。

なので、車のドライバーのことを考えるとわざわざ信号待ちの時に先頭にまで行き、横並びせず、後ろに付く。
これが一番だと思います。

私たちローディーも車のことを思いやって走ることが大事ですよ。

信号が変わったときは車を優先させる

これも上記したマナーと似ていることです。
信号が多い道路では、車とロードバイクの抜いたり抜かれたりを繰り返す事があります。

これもまた、車のドライバーに迷惑をかけてマイナスのイメージを植え付ける原因になってしまいますよね?

そのため、自分の後ろに並んでいる車が少ない時は、車を優先させて遅れて発進することがマナーとしてあります。

ツーリングなどの際には間をあけて走る

ツーリングなどのように5人から10人程で走ることがありますよね?
最近はグルメライドやゆるポタなどが流行っていますから。

この時、その全員が並んで走っていたら、車はどうなるでしょうか?
そうです、追い越しが危ないので本当に広い道路じゃないと追い越せないんです。

ツーリングなどは非常に楽しいですが、人数が多い場合には3人でブロック分けして車が安全に走れるくらいの間をあけて走るようにしましょう。

路肩により過ぎない

そもそも、法律的には車も自転車も路肩(白線の外側)を走ってはいけません。
ですが、路肩が広い場合や車が多く走っている大通りなんかでは、路肩を走ってしまうこともあるんですよね…

しかし、路肩を走らずに車道をしっかり走っていれば、車が来た時、

「ちゃんと避けましたよ」と車に知らせることができますし、イメージが悪くなることはありません。

このように小さなことに気を付けてローディー全体のイメージアップをしていきませんか?

ローディーの一般的なイメージ

最後に、世間一般からロードバイク乗りがどのように思われているのか確認しましょう。

以下のイメージを払拭するには、ロードバイクのマナーを広く浸透させていく必要がありますよ。