長い充電は不要!たった2分で乗れちゃう水素自転車「Alpha」。その価格が驚き!!

フランスで約60台の自転車が地方自治体に販売されました。

今回は、その自転車の驚きの価格と機能をご紹介していきたいと思います!

水素自転車「Alpha」

フランスビアリッツの企業Pragma Industriesが、フランスのサン=ロー、シェルブール、バイヨンヌといった地方自治体に、約60台の水素自転車「Alpha」を販売しました。

「Alpha」の特徴は、水素を圧縮して収納するタンクが装備されているという点です。

例えるならば、高圧空気を収納しているスキューバダイビングのタンクのようなもの。

このタンク内の水素と大気中の酸素が発電することで、モーターを回す仕組みになっているようです。

ちなみに、2リットルタンク一杯の水素で約100キロの走行が可能になっています。

多くの企業が水素自転車の開発・発表をしていますが、実際に製造・販売、今後の販売も継続しているのはPragma Industriesだけのようです。

長時間の充電が不要!

「Alpha」の最大メリットとして挙げられるのが、長い充電が不要なところ。

従来の電動アシスト自転車は、バッテリーの充電に約3~6時間必要になるものが多く、利用者の負担になっていました。

しかし、「Alpha」なら水素の充填に2分程度の時間しかかからないため、充電の手間も省け利用者の負担が減るというメリットがあるのです。

たった2分で100キロの走行が可能になるなんて、かなり画期的ですよね!

「Alpha」の価格は?

とても魅力的な「Alpha」ですが、現時点での価格はなんと約99万円とかなりお高め…。

そのため、現在の顧客は大手企業やシェアサイクルを運営する地方自治体が中心になっています。

しかし、今後は一般販売も考えているようで、約47万円に価格を下げることが目標なんだとか。

47万円でもなかなか手が出せる金額ではありませんが、99万円が47万になると考えたらなんだか安く感じてしまいます(笑)

おそらく日本に上陸するのはまだまだ先だとは思いますが、もし販売されたら一度は乗ってみたいですね!