e-bikeの安全性に疑問視…。普通のスポーツサイクルより危険な側面が無いか見てみましょう。

最近所有者が増え始めている電動アシスト自転車(e-bike)。

電動アシストがを搭載しているため、人力で動かすスポーツバイクなどより危ないと考える人もいるかもしれません。

しかし、国内の行動をサイクリングに慣れている方が走る限りでは、既存のスポーツ自転車と比べて、e-bikeの方が”安全な乗り物である”と言い切れます。

なぜそこまで自信を持って言えるのか、理由はいくつかをご紹介していきます。

走る場所が変わるから交通事故も減る

e-bikeは非常に便利な乗り物ですが、その中でも最も得意としているのが上り坂。

特有の走行性能を持つため、普通の平坦な道よりも上り坂の方が楽だという声もあるほどなんです!

そのため、いつもはあまり上りたいと思えない上り坂でもこの自転車なら言ってみたいと感じることも多くなるはず。

そもそも坂道では歩行者も少ないので衝突やトラブルの危険性はグッと減るでしょう。

交通事故は交差点での出会い頭の事故が多いですが山奥の街道などを走っているとそもそもの交通量が少なく、民家も少ないので交差点も少ない。

たまに車が来たとしても見通しが悪いので速いスピードで走っている車はほとんどないんです。

このようにe-bikeに乗ると走る場所に変化が出るため、交通事故を起こす可能性が減ります。

その一方で、こうした坂道は勾配が20%に迫るような激坂も登場するので、ロードバイクやクロスバイクでのポタリングには向きません。

通常、ロードバイクで山も含むサイクリングに出かけると、国道と県道を組み合わせたルートなどを通る人が多いのはず。

と大冝声をする国道や県道は、大型トラックを含む車両の交通量も多く、スピードも速いです。

そのため、確率で言うと、後方か追突される可能性も自分と相手が衝突する可能性も高くなるでしょう。

とはいうものの、先ほども言ったように走るフィールドが変わることで事故の遭う可能性は格段に減ります。

走りたくなる場所が変わるというのは実際にe-bikeに乗れば、実感できるようになるはずですよ。

e-bikeの構造や、心に余裕を持った走りで安全面を増す。

続いて、e-bikeの安全性を構造の面から解き明かしてみましょう。

まず、最終的なグリップ性能やコントロール性能を決める大きな要素であるタイヤの幅ですが、e-bikeのタイヤ幅は基本的に28c以上という比較的幅が広いタイヤを採用しています。

そのため細いタイヤを履きがちなロードバイクに比べると、ハンドリングの面で安全性が高いです。

そして、低い位置にドラブユニットとバッテリーを搭載しているものが多いため、ブレーキングの際にロールオーバー特性(前にひっくり返りにくい特性)や路面追従性に優れており、乾いた路面でのコントロール性は非常に高いです。

例えば、SHIMANO製のドライブユニット「SHIMANO STEPS」搭載モデルの場合、全てのモデルに油圧ディスクブレーキを採用しているので、制動性も安心。

何よりも、乗り物の特性としてスピードをガンガン出して走るというより、まったり走ることが目的となりがちなので、下りでも安心であると言えるでしょう。

ヒルクラムでもe-bikeは安全性を高める

ヒルクライムでは電動アシストがあるので、芯は朴数が上がりすぎ無いこともある意味で安心と言えるでしょう。

心拍数が180を超えるような速度で走っていれば、頭が真っ白になることが多いです。

逆に比較的低速で心拍数120くらいでリラックスして走れば、緊急回避の際に頭がしっかり働くので、判断が早くなり危険も回避しやすいという現実もあります。

電動アシストにより心理的に安全面を増す

電動アシストが搭載されているということ自体が心理的な予防安全性に繋がるとも言えます。

例えば、ロードバイクで150㎞くらいのライドをして街に帰ってきたとき。

自分が優先道路を走っていて、相手の車両が一時停止の義務がある場所から出てくる可能性があるような見通しの悪いシチュエーションに遭遇することは少なくはありません。

150㎞を走り切り、疲れ切ったサイクリストは判断力も低下しがちで、停止義務が無いとしても何の注意も無しに走行し事故に遭う。

そんな事もあるでしょう。

さらに、ロードバイクに乗っている人なら分かると思いますが、ブレーキを出来るだけ踏みたくない、減速したくない、足を付きたくないと思っている人も多いはず。

そんな考えから起こる事故も少なくはないはず。

しかし、e-bikeであれば再加速する際には力を要しないですから、自ら減速しようという気持ちになりやすい物です。

こうした心理的な面でもe-bikeは事故を予防し、安全性が高いと言えます。

逆にe-bikeに問題点は無いの?

e-bikeを何千キロも乗り回した方の声を聴いてみると、

山間部を走行したので、後続車や飛び出しでひやりとした経験はほとんど無し。
今までロードバイク・MTBを乗ってきた経験からしても凄く新鮮な発見でした。

と語っています。

と、ここまでe-bikeの安全性についてお話してきましたが、もちろん誰が乗っても安全というわけではありません。

上記までのお話はあくまで、「スポーツ自転車に乗り慣れた方」がe-bikeの特性に合った場所やペースで走った場合のお話。

そのため、これまでスポーツバイクの乗ったことが無く、速いスピードでの自転車の運転になれていなければ確実に事故率は上がるでしょう。

安全で気軽に遠くへ行くことができ、自然と触れ合うようになるe-bikeは非常に素晴らしいです。

しかし、安全な乗り物になったからこそ、多くの人が乗るようになり、新しい問題も浮き出てくるはず。

そのため、高齢者や初めてスポーツ自転車やe-bikeに乗る方は、ぜひ全問店で購入し、注意点や乗り方の基礎を教えてもらうことをおすすめします。

知識を付けて、正しい乗り方をすることで自分の身を守ることに繋がるので、軽く見ることなく、自転車について勉強することを忘れないでくださいね。