【豆知識】自転車のチェーンは何故伸びるのか?

皆さんは自分のロードバイクは自分でメンテナンスをしていますか?

メンテナンスにはタイヤに空気を入れたり、注油をしたり、洗車をしたり、ブレーキシューを変えたり、など様々あります。

今回お話するのは、「チェーン」についての豆知識。

チェーンを交換するときと言えば「チェーンが伸びている」とき。

ここで皆さんは、「チェーンの伸びって何だろう」そんな疑問を持ったことは無いでしょうか?

チェーンの伸びってどういうこと?

チェーンの伸びといっても、走っているだけで金属が物理的に伸びるなんてことはほぼあり得ないでしょう。

では、チェーンの伸びとは何なのか。

結論から言うと、チェーンの伸びとは、チェーンのローラー部分が摩擦で削れてしまったことによる遊び。

このことを言います。

チェーンの伸びの原因、ローラーの摩擦はなぜ起きる?

最初にチェーンの構造を簡単に説明すると、

アウタープレート、インナープレート、ローラー、プッシュ、ピンによって構成されています。

この中で最も摩擦で消耗し、チェーンの伸びに影響しているのが「ローラー」。

チェーンのくるくる回るところですね。

ローラー外側の削れ、ローラー内側の削れ、摩擦によって起きる消耗。

これをチェーンの伸びと言うんです!

もちろん、チェーンの伸びはローラーの摩擦だけが原因ではなく、インナープレートやプッシュの摩擦、チェーンリングや漕ぐのはの消耗も原因の1つ。

これらの摩擦による消耗が、スプロケの歯が掛かる部分に遊びができ、チェーンのたるみを生み出してしまいます。

チェーンが伸びたら交換しよう

チェーンの伸びは、チェーン交換の目安となります。

チェーンの伸びが気になったら、もったいぶらずに新しいチェーンに交換するようにしましょう。

チェーンの伸びに対す応急処理として、ホイールをずらしてチェーンを張り直す方法がありますが、チェーンの消耗を解消したわけではないので出来るだけ早く交換するようにしてくださいね。