小江戸で有名・川越に新しいシェアサイクルが登場!予約・決済がスマホでらくらく!

近年世界中で話題を集めている「シェアサイクル」。

そのシェアサイクルを2018年12月20日から埼玉県川越市で新しく「川越市自転車シェアリング」と銘打って開始されました。

川越市では2013年から実施していた同サービスをシェアサイクルプラットフォーム「HELLO CYCLING」を展開するOpenStreet社が新たな運営事業者として受託。

それにより新たに、「川越市自転車シェアリング」としてサービスを開始します。

このシェアサイクルは、川越駅、川越市駅、氷川神社など12カ所130台導入し、従来より利便性・回遊性を向上させる試みです。

シェアサイクルプラットフォーム「HELLO CYCKING」とは

「HELLO CYCKING」はスマホやタブレットなどの端末から、駐輪場検索から自転車の利用予約、決済まで行うことができるプラットフォームです。

また川越市限定で、現金によるプリペイドカード式決済も導入しています。

シェアサイクルの利用料金は15分につき60円で、最大24時間1000円という設定で、12カ所の駐輪場であればどこでも返却できるとのこと。

小江戸・川越の魅力。

「小江戸」と呼ばれる川越の町並み。

その所以は、蔵造の街並みにありました。

小江戸の町並みは、城下町の面影を色濃く残し、川越のシンボルにもなっている「時の鐘」があるのもここ。

そして、周辺には縁結びや夏に彩られる風鈴が有名な川越氷川神社や喜多院があり、シェアサイクルを使用する場所としてはもってこいの地域性と言えるでしょう。

もちろんグルメも充実しており、1807年創業のうなぎ店「小川菊(おがきく)」やスイーツのいも恋、たこ焼きを挟んだせんべい「たこせん」もなかなか美味しいです!

川越はサツマイモが有名なので、お土産にはいもせんべいやサツマイモの饅頭などサツマイモのスイーツがおすすめ。

川越を観光するには問題点が…

川越市は江戸文化の影響を受けた蔵造りの街並みが人気なんですが、近くの駅から中心市街地へのアクセスにやや時間がかかることが課題と言われています。

そこで川越市は、「公共交通の機能を補完し、中心市街地における移動手段の役割を担うとともに、回遊性の向上によるにぎわい演出、自動車流入抑制を期待する」とコメントを残し、川越の観光の未来は明るそうです。

さらに、シェアサイクルのプラットフォームである「HELLO CYCLING」を展開するOpenStreet社は、ヤフー子会社のZコーポレーションとソフトバンクが出資する企業なので安心感も抜群。

交通の便に不満がある観光地でシェアサイクルが普及し、沢山の方の移動をより良くしていってほしいと思います。