自転車やバイクの為のヘッドアップディスプレイ「HUDWAY Sight」

『HUDWAY Sight』は自転車やバイク向けのヘッドアップディスプレイ(HUD)。

自転車やバイクで通勤したり買い物をしたりする人に向け、この製品が開発されました。

自転車用のHUDは今までにも販売されていましたが、『HUDWAY Sight』の凄い所は、

どんなヘルメットにも装着できるということ。

専用ヘルメットを必要としないHUD

すでに販売されている自転車用のHUDは、専用のヘルメットを必要とするものが多く、サイクリストがHUDを使用するためには、HUDだけでなくヘルメットも購入する必要があります。

しかし、今回紹介する『HUDWAY Sight』はどんなヘルメットでも使用することができるので、既に使っているをヘルメットそのまま使い続けることができます。

ヘルメットは利便性やデザインなどこだわりを持っている人が多いので、これは嬉しいですよね!

取り付けには磁石を使用しており、取り付け、取り外しも容易で気軽に使用することが出来るでしょう。

『HUDWAY Sight』の仕様

『HUDWAY Sight』は、以下の4つで構成されています。

  • コントロールブロック
  • ヘルメット取り付け用アタッチメント
  • レンズ+プロジェクター
  • 専用のアプリ

コントロールブロックはヘルメットの後部に両面テープで取り付け、前部にアタッチメントをねじ止めします。

最後に、レンズ+プロジェクターは右目の前に来るようにアタッチメントで固定するという形。

地図やテキストを表示できる

専用アプリは、スマホとBluetoothで接続して『HUDWAY Sight』のレンズに、地図やテキストメッセージなどを表示するのに使います。

さらに、サードパーティーのBluetoothを合わせて使用すれば音楽アプリも音声で操作できるようにもなるそうです。

ライド中に音楽を聴くことは無いですが、あって損はない機能でしょう。

さらに、現在の走行速度や出発してからの走行距離などサイコンのように表示することも可能で、そのほかアプリの設定で着信や各種通知設定を行うことができます。

『HUDWAY Sight』は近未来的で面白いアイテムですね!