セキュリティが画期的すぎる電動アシスト自転車『Electrified S2/X2』

通勤や通学の時、

  • カギを何処に入れたか忘れてしまった。
  • 鍵をかけ忘れて盗難されてしまった。

このような経験をした人は非常に多いと思います。

自転車の盗難は、自転車に乗る上で切り離すことができない問題です。

盗難されてしまえば、帰ってくることは少ないですし、必然的に新しい自転車を購入することになりますよね?

しかし、以上の問題をすべて解決してくれる画期的なセキュリティ機能を持った電動アシスト自転車あるんです!

「Electrified X」の2つの画期的なセキュリティ機能

オランダの自転車メーカー「VanMoof(バンムーフ)」が日本市場に向けて設計した次世代スマートバイク『Electrified S2/X2』を発売しています。

この自転車には、

  • 鍵も無く、目に見えないサイクルロック
  • 盗難時に専用の捜索チームが出動

という画期的なセキュリティ機能が搭載されています。

まずはこれらの機能について見ていきましょう。

目に見えないサイクルロック「ステルスロック」

『Electrified S2/X2』に搭載されている「ステルスロック」は、ロック機構を内蔵・電子化しています。

持ち主が自転車に近づくと、自動で解錠される世界初のセキュリティ機能なんです。

そのため、この自転車に乗ればカギを無くしたり、取り出す手間が一切なくなりますよ!

ちなみに施錠の方法は、本体の内臓ロック用ボタンを押すだけで、解錠はスマホを自動で行ってくれます。

この他にもアラーム機能があり、自転車に勝手に触るとアラームが鳴り出し、フラッシュライトが点滅。

アラームの音は、三段階で徐々に大きくなっていきます。

このように、ステルスロックと応答性の高いアラームとの組み合わせで自転車の盗難を抑制することができるでしょう。

盗難時に専用の捜索チームが出動

ステルスロックやアラーム機能により、盗難抑制に大きな力を持っている『Electrified S2/X2』ですが、どうやっても盗難する可能性をゼロにすることはできません。

普通の自転車なら、警察の捜索ができなければ泣き寝入りするしかありませんが、この自転車は違います。

『Electrified S2/X2』が盗難されてしまった場合には、専用の捜索チームが出動。

もし、2週間以内に見つからなかった場合には、新しい同製品が無償で提供されます。

これは嬉しすぎるサービスですよね!

『Electrified S2/X2』に乗ればもう、盗難におびえる必要がなくなるはずですよ。

電動アシスト自転車としての機能も充実

『Electrified S2/X2』には画期的なセキュリティ機能が搭載されていますが、もちろん電動アシスト自転車としての基本的な機能も充実しています。

搭載されているバッテリーは、418Whのバッテリーに、250Wのハブモーター。
これによりパワフルで、駆動音は非常に静か。
長距離を効率的に走行することができます。

さらに、ハンドル横に小さなブーストボタンが設置されていて、これを押すことで加速。
坂道や強風など一時的にアシスト力を増したいときにとても便利です。

一回の充電での走行距離は最大150㎞。
充電時間も短く、6時間でフル充電されます。

さらに、トップチューブに166ドットのLEDディスプレイが埋め込まれており、走行速度やバッテリー残量などの情報を表示。

このように、セキュリティ機能以外にも電動アシスト自転車としての機能、それ以外のマルチな機能がたくさん搭載されています。

これ程に高機能な電動アシスト自転車は他にはないでしょう。

『Electrified S2/X2』はとにかく高い…

ここまで『Electrified S2/X2』の機能についてお話してきましたが、正直盛り込みすぎといわれても仕方ないほどです。
盗難時に専用の捜索チームが出動するというサービスは特にヤバいですよね…

そんな機能が満載な『Electrified S2/X2』は価格もそれ相応。
この自転車の定価は、43万円。
早期予約した場合でも11万円引きの32万円です。
非常に価格は高いですが、予約注文数は好調で、売り上げが3倍に増加しています。

ちなみに東京にはVanMoof のブランドストアで、S2の試乗が可能。
一度試しに乗ってみて、体感してみるのも良い経験になるかもしれませんね。