これって自転車なの?腕でも漕げる自転車「Varibike」

自転車には電動アシスト自転車やタンデム自転車、リカンベントなど様々なものがありますが、自転車の基本的な要素としては、

サドルに跨り、脚でペダルを漕ぐこと。

これはほとんどが共通している仕組みでしょう。

しかし、脚で漕ぎつつ、腕でも漕げる自転車があるって知っていましたか?

腕でも漕げる自転車「Varibike」

「Varibike」は脚で漕ぐペダルに加えて、腕で漕ぐペダルも追加で取り付けられた自転車です。

脚だけでなく腕の力も有効活用できるようになったことで、駆動力はこれまでの自転車に比べて最大で31%増加。

これにより坂道が特に上りやすくなり、平地では従来の自転車以上のスピードが軽く出るようになります。

また、「Varibike」は腕も使い全身運動となる為、上半身のトレーニングや心拍機能の改善、ダイエットを目的とした有酸素運動としても有効でしょう。

「Varibike」には様々な種類がある

腕でも漕げる自転車「Varibike」には、以下のように様々な種類があります。

  • スタンダード
  • MTB
  • タンデム

スタンダードは28cのタイヤを履いており、ジャンルで言えばクロスバイクのに分類されるでしょう。

MTBは、ファットバイク用のタイヤを履いており、ブレーキはディスクブレーキを搭載しています。

タンデムは、フロントシート側には腕のペダルが付いておらず、ノーマルのハンドルで運転に集中。
腕のペダルはリアシート側についており、脚と腕でペダルを漕ぐことができます。

このように、「Varibike」には様々な種類があり、用途によって選択できます。

私個人的には、この自転車の面白い特徴をさらに楽しめる、タンデム車が気になりますね!

みなさんは、どの「Varibike」が気になりますか?