学生ローディーには特に知って欲しい!交差点で起きる車の幅寄せの重要性。

以前このような出来事がTwitter上で話題になった。
というか、荒れてしまった。

その問題の記事がこちら。

ロードバイカーが巻き込み防止の幅寄せにTwitterで文句を言った結果、炎上して逃亡した件について

この件は、
ローディーが赤信号の交差点に止まろうとしたとき、プリウスが幅寄せしてきて左折していった。
というツイートをしたことから始まってしまった。

では少し記事の内容を見ていきましょう。

ロードバイカーが、プリウスの幅寄せにキレてTwitterで投稿した結果、「当たり前だろ」「免許持ってないのか」と叩かれて、そのユーザーはアカウントごと消して逃亡中(せっかくの炎上、うまく使って人気者になれるのに逃亡なんてもったいない)。
まあこれだけを見れば、「こいつ、何キレてんの?自転車乗りのお前がアホだ」という感じはします。

そうですよね、この車は別に悪いことをしていないですし、むしろ自分を守るため、ロードバイクを守るために幅寄せしたんです。
この件で車を責めることはできないのではないでしょうか?

ただ、このTweetしたロードバイカーは中学生だそうで自動車免許の勉強とかしてないでしょうから知らなくて当然なのではと思います。だからしょうがないというつもりはないんですが、みんなそこまで馬鹿とか阿呆とか目くじら立てて言わないでもいいと思うんですがね。

そうなんです。このツイートをした方はまだ中学生だったんです。
それなら、車がこんな動きをしてくることは分からないですし、そうでなくてもTwitterでは
「幅寄せ怖いからやめて!」「幅寄せしてくるなよ、危ないだろ。ロードバイクのこと軽く見過ぎ」
というような意見も多数あります。
なので、「これに便乗して心配してもらえるかな」という気持ちも少なからずあったでしょう中学生ですしね…。

「いきなり寄せてきたんです。言葉が足りませんでした」というような旨のTweetに関しては無視されて拡散して・・・という可哀想なように思います。
よく「マスメディアは情報を一部しか出さないで誤解させるような報道をする!」とかって、いきり立ってる人がいますが、そういう人が、一部だけを取り上げられている今件に対して便乗してる姿を見ると目頭が熱くなります。

これが本当だとすると本当に可哀そうです。
Twitterをはじめ、ネットでは一度火が燃え広がるとそれを消火しようとする力はほぼ無力に等しいですからね。

しかし、中学生だったとしても正しい知識を持っていれば、こんなツイートをすることは無かったと思います。
それに、このようなことで車に対してイライラすることも無くなりますし、ライドがもっと楽しくなるのではないでしょうか?

なのでローディーに、特に車の免許を持っていない学生ローディーには、

車は左折時にロードバイクなどの二輪車を巻き込まないように、左に寄せる。

これを自動車学校で教えられているということ
そしてちゃんとしたドライバーこそ、このような運転をするということを覚えておいてください。

学生ローディーの皆さん、それに限らずロードバイクを本気で楽しもうとしているからこそ、道路交通法など大まかな勉強はしておく事をおすすめします。

【関連記事】

学生ローディーは絶対見て!!これを知らなきゃ走れない、ロードバイクに関する道路標識。