折り畳み電動アシスト自転車「UNI Micro」 これからの自転車は自立させて収納する!?

自転車の一般的な保管方法は、何かに立てかけて保管するか、自転車についたスタンドを使用するか、スポーツ自転車の場合は、縦型のスタンドを使用している人も多いかと思います。

縦型のスタンドを使用するとスペースを有効活用できて便利ですが、一般的なシティサイクルは重いですし、立てて置くのは難易度が高いです。

電動自転車の場合は、もっと難しいですし危険でしょう。

そこで、今回紹介するのは、”自立して縦置きできる”電動アシスト自転車です!

自立して縦置きできる電動アシスト自転車「UNI Micro」

「UNI Micro」は自立して縦置きできる”折り畳み”電動アシスト自転車。

ドイツ・ベルリンに本拠地を置くUrban Drivestyle Berlinが通勤用に開発しました。

この自転車は、電動アシストの力で街中をストレスなく走行でき、狭い住居やオフィスでもスペースを取らずに収納することができます。

利便性が高い機能が満載

電動アシスト自転車は、バッテリーの収納場所の関係で折り畳みが難しい事も多いですが、この自転車は利便性に重点を置いて制作されているので、”折り畳み”機能もついています。

この自転車は、「自立して縦置きできる電動アシスト自転車」とタイトルを持って紹介していますが、”折り畳み”機能も特筆すべき機能です。

そして、折り畳みも非常に簡単で、かかる時間はたったの2秒。

折り畳み状態で自立して立てられます!

さらに重量も15㎏と電動アシスト自転車としては重くはなく、階段があっても持って上ることもできます。

また、リアには最大25kgまで荷物を載せられるラックを搭載することが出来、チャイルドシートなども装備可能。

買い物や子供の送り迎えなど、普段使いでは様々な用途で使用することができますよ!

「UNI Micro」の仕様

「UNI Micro」は一回の充電で最大70㎞までアシスト可能。

バッテリーはリアフレームに隠されていますが、取り外して室内に持ち込んで充電できます。

ちなみに、フロントライト、ブレーキランプはフレーム内に内蔵されているため、追加で購入する必要はありませんよ!

また、Urban Drivestyle Berlinは現在、「UNI Micro」のプロモーションを兼ねてクラウドファンディングサイトで出資者募集のキャンペーンを実施中。

キャンペーンでは、859ドルの出資と送料で「UNI Micro」を一台入手することができます。

「UNI Micro」の仕様では日本での走行することができませんが、日本への進出は構想しているそうなので、今後の動きに期待しましょう。