耳を塞がず安全、かつ高音質に音楽を楽しめるヘルメット「SafeSound」シリーズ

今回は、自転車で走りながら音楽を聴きたい人向けの自転車用ヘルメットの紹介。

機能性に加え、高いデザイン性を求めている方にはこのヘルメットをおすすめします!

Corosの自転車用ヘルメット「SafeSound」シリーズ

耳を塞がないので安全に走行できる!

Corosの自転車用ヘルメット「SafeSound」シリーズには、「Ear Opening Sound System (EOSS)」を搭載されています。

画像の中にもあるヘルメットのストラップに取り付けられている丸いパーツがEOSSです。

これに小型のスピーカーとなっており、耳を塞ぐことなく音楽を鳴らすシステム。

音を漏斗のように耳の中に注ぎ込むように機能してくれるそうです。

これと似たようなものに骨伝導イヤホンがありますが、それよりも高い音質を期待できるので、音楽をより楽しみたいという方はこちらのヘルメットが良いでしょう。

操作はハンドルバーのリモコンを使用

Corosの自転車用ヘルメット「SafeSound」シリーズは、ハンドルバーに装着できるリモコンで操作することができます。

このリモコンは、ボリュームの操作や選曲、スマホに届いた着信に応答することも可能。

また、ヘルメット後部に取り付けられたテールランプをオン/オフする機能もついています。

「SafeSound」シリーズのバリエーション

Corosの自転車用ヘルメット「SafeSound」シリーズのバリエーションは、以下の3種類。

  • スポーツ向けの「ROAD」
  • 街乗り/通勤向けの「Urban」
  • MTBライダー用の「Mountain」

こちらのヘルメットは、Corosの公式オンラインショップで購入可能。

価格は以下の通り。

  • 「Road」が199.99ドル
  • 「Urban」が179.99ドル
  • 「Mountain」が219.99ドル

なお、日本への送料は別途必要で、金額は40ドル程度かかります。