学生ローディーは絶対見て!!これを知らなきゃ走れない、ロードバイクに関する道路標識。

ロードバイクに乗る人が増えて、その人たちのマナーに関しての問題が増えてきています。
マナーはもちろん大事ですが、そもそも信号無視や逆走など道路交通法を守っていない人も少なからずいますよね…。
ロードバイクなどの自転車は「軽車両」に分類され、大きく分けると車と同じ分類になります。
そのため、しっかりと道路交通法を気を付けなきゃいけないんですよ。

「自分はそんなの守ってるから大丈夫!」と思っている方が多いと思います。
では、皆さんが公道を走っている時、道路標識には注目してみていますか?
長く乗っていたり、車の免許を持っている人なら注意して見ている人も多いでしょう。
しかし、学生や車の免許を持っていない人は、あまりちゃんと見ていないのではないでしょうか?

そこで、今回はロードバイクに関わり、最低限覚える必要がある道路標識を紹介します。
これを覚えて、しっかりとルールを守ったライドをしましょう。

ロードバイクに関する標識

標識 標識名 説明
一時停止 この標識がある場所では自転車も一時停止をしなければいけません。
必ず停止して安全を確かめてから発進しましょう。
徐行 すぐに停止できる速度に落とさないといけません。
止まれる速度は大体時速10㎞程度。
車両通行止め 自転車に乗ったまま、通行することができません。
自転車から降りて押して歩くのであればOK。
車両進入禁止 自転車に乗ったまま、通行することができません。
自転車から降りて押して歩くのであればOK。
一方通行の出口によくあります。
自転車通行止め 自転車通行禁止の標識ですが、自転車から降りて押して歩くのはOK。
二輪の自動車・原付自転車通行止め 自転車通行止めと似ていますが、進入禁止はオートバイのみ。
自転車の通行はOK。
自転車以外の軽車両通行止め 軽車両の内、自転車のみの通行可能。
二輪の自動車以外の自動車通行止め 自転車やオートバイは通行可能。
通行止め 歩行者、自転車、自動車、全ての通行が禁止。
自転車専用 自転車以外の車両と歩行者は通行できません。
自転車及び歩行者専用 自転車と歩行者以外の通行はできません。
※歩行者優先
歩行者専用 歩行者専用の標識ですが、自転車から降りて押して歩くのはOK。
自動車専用 高速道路など自転車専用道路を示す標識。
自転車やその他の車両は通行できません。
一方通行 矢印の方向にのみ進めます。逆走は道路交通法に反した行動となる。
この標識の下に「自転車は除く」と言った指示をしていることもあるので、要注意。
車両通行区分 車両通行区分を示す標識。
パターンは様々ですが、この場合は「軽車両と2輪のみ通行可能」。※自転車はOK
指定方向以外進行禁止 矢印の向いている方向以外への進行不可。自転車は降りて押していればOK。
横断歩道 横断歩道を示す標識。
この標識はこれ以外にも種類がある。

このような標識があります。

ちなみに、一方通行とこの「左折可」の標識は間違えやすいので注意してくださいね。
今回紹介した標識の中でも指定方向以外進行禁止や車両通行止めなど見落としてしまうことがあるので、公道を走るときは標識に目を配って走行するようにしましょう。

【関連記事】

学生ローディーには特に知って欲しい!交差点で起きる車の幅寄せの重要性。