【チェーンはもう古い】駆動効率は驚愕の99%。これからのロードバイクに使われるのはコレ!

ここ最近の自転車のテクノロジーの進歩は著しい物があり、以前ならSFでしかありえなかったような素材やら何やらが使われていますよね。
このおかげで、自転車の軽量化はますます進んでいるため、各自転車メーカーはテクノロジーの進歩を大事にしています。

このような背景がある中、今現在皆さんが乗っているロードバイクのほとんどが、100年前と変わらない駆動システムを使用しているんですよ?
皆さんお分かりのように、チェーンはシンプルですが堅実な駆動システムとして、自転車そのものと同じように長い歴史を持っています。

そんな油まみれで時代遅れともいえるほどのチェーンというものに、CeramicSpeedは「Driven」というイノベーションを起こそうとしています。
CeramicSpeedのコンセプトは、従来のチェーンとギアセットを完全に撤廃し、その代わりにドライブシャフト駆動を採用しています。

従来のチェーンの問題点

実は従来のチェーンを使ってリアホイールにパワーを伝達する方法は、一般的というか当然ともいえるシステムですが、問題が全くない訳ではありません。
チェーンはリングや歯、あるいは聴力がかかったプーリーホイールと噛み合うと摩擦が生じています。
そのため、チェーンリンクが噛み合うごとにチェーン内部のピン、ブッシュ、ローラーなどの摺動面がライダーが生み出すエネルギーを無駄に消費してしまっているのです!

その影響は顕著で、例えば「フロントの一番外側のギアと、リアの一番内側のギアにチェーンがかかっている」時、ライダーには通常の約2倍ほどの負荷がかかっているんですよ!

このように、自転車の従来のチェーンという駆動システムには、改善するポイントがまだまだあるということなんです。
そこで考えられたのが、CeramicSpeedDriven。

これは、摩擦によるライダーのパワーの損失をたったの1%に抑え、99%の駆動効率を実現しています。

CeramicSpeedDrivenとは

まず、このシステムの改革はギアの再設計から始まりました。
再設計した結果、何枚もの歯が重なっている従来のカセットの代わりに、
「歯を1列に並べてサイズを大型化。フロントとリアのユニットをドライブシャフトで連結」という結論を出しました。

このDrivenには、効率が良いだけではなく、副次的なメリットもあるんです。

  • 構造がシンプルなので、コンパクト且つ軽量。
  • 雨や泥などの有害な状況から守るのも容易。
  • リアに装着する歯の直径で決定できるので、ギアの選択肢がさらに広がる
  • 構造がシンプルゆえにコストが低い

以上のように、効率化だけでなく副次的なメリットも多いDriven。

これが将来のロードバイクに搭載される未来は案外近いかもしれませんね。

≫≫他の便利アイテムを見てみる

参考動画