本当は必要ないロードバイクのアップグレードトップ5

ロードバイクのアップグレードは楽しく、お金が許すのならいくらでもしたいはず。

しかし、そんなことは現実的には厳しい。

そこで本当に要らない、重要ではないアップグレードを紹介していく。

1.カーボンホイール

先に言っておきます。見た目も、性能も、最高。

カーボンホイールは素晴らしいです。

しかし、性能の良いカーボンホイールは信じられないほど高価。

さらにリムブレーキがついている場合、安い合金のリムよりはるかにブレーキを劣化させます。

あなたが、プロライダーや、レースに重きを置いているライダーでない場合、カーボンホイールは様々な点で自転車を扱いにくくします。

以上の悪いポイントがあるため、カーボンホイールのアップグレードは重要ではないのです。

2.チューブラータイヤ

プロのサイクリストは、プロレースの理にかなっているため、チューブラータイヤが必要です。

しかし、パンクした際の対処に大きな問題があります。

その対処をロングライドしてるときにできるでしょうか?レース中に行うことはできるでしょうか?

さらに、最近のクリンチャータイヤは素晴らしい性能を持っています。

それでもクリンチャータイヤが嫌なのなら、チューブレスタイヤを試してみてください。

きっと予想以上の満足感を得られることでしょう。

3.エアロフレーム

ロードバイクは速い方がいいですよね?それに疑問はありません。

それにはエアロロードが大きな役割を果たしてくれますし、早いスピードを約束してくれるでしょう。

しかし、エアロロードはコストがかかります。

さらに、最高のエアロフレームでさえ、標準的なロードバイクより重く快適ではありません。

それに加えて、高価。

このように、エアロロードにするメリットは非常に小さいのです。

もちろんあなたがレースをしていて僅か数秒を争っているのであれば、必要でしょう。

しかし、アエロフレームはあなたの普段のサイクリングをより良い物にはしてくれません。

4.電子シフト

電子シフトの毎回完璧なシフトをボタン一つで得られるという事は非常に美しく、非常に贅沢なことです。

しかし、電子シフトによって乗り心地を根本的に変えることは無いのです。

そして充電する手間も無く、故障の際にも自分の知識で治すこともできるでしょう。

もう一度言いますが、電子シフトは素晴らしいです。

しかし、アップグレードの優先順位は非常に低いのです。

5.ディスクブレーキ

ディスクブレーキはリムブレーキよりも劣っているとは思いませんが、リムブレーキからディスクブレーキへのアップグレードはあまり重要ではありません。

ディスクブレーキは雨などの悪天候で乗っている場合や、高速で下る場合には明確に必要です。

しかし、予算に限りがある方にとっては必要ない物ではないでしょうか?

さらにディスクブレーキはリムブレーキより重く、メンテナンスも面倒。

何度も言うように、もちろん試してみる価値はありますが、重要性は低いです。

以上が本当は必要のないアップグレードトップ5でした。

【関連記事】

ロードバイクの本当に合理的なアップグレードのトップ5

 

≫≫他の「〇〇ランキング/○選」を見てみる