路面確認を怠った54歳のロード乗り、2㎝の溝にタイヤがハマって怪我→賠償金ゲット これってどうなの?

まずはこの事故の状況を見ていきましょう。

岡山市の会社員、池田真治さん(54)は、おととし6月の夜、市内の道路をロードバイクで走っていたところ、突然、転倒しました。
後ろの車をよけるため、車道の脇にロードバイクを寄せながら走行していたところ、前輪が路肩の溝に挟まってしまったのです。
体を強く打ち付けた池田さんは、ろっ骨や指の骨を折り、全治2か月と診断されました。

う~ん、これだけ見ればただの路面確認や危険回避を怠った結果のように思えますね…

ロードバイクを乗っている方なら誰しもが路面の状況に気を付け走行していることは明らかですよね?
小さな小石にも気を遣うのに、2㎝の溝を見落としてしまうのはどうなのでしょうか…

雨水の排水用に設けられたこの溝の幅は2センチ。
一方、池田さんのロードバイクのタイヤの幅は、2センチ3ミリ。溝とタイヤの幅がほとんど同じなため、タイヤがちょうど挟まりやすかったのです。
溝の長さは300メートルほどで、池田さんは「黒い直線にしか見えず、道路の安全性に問題があった」と考えました。
そこで、道路を管理する岡山市を相手に賠償を求める裁判を起こしました。

これに対し市は、「狭い隙間にはまり込む可能性のある自転車を運転するのであれば、運転者が注意すべきで、路肩部分の安全性に問題はなかった」と主張しました。

これを見ると確かにこの溝は、2.3㎝のロードのタイヤからしたら危険であることは間違いないですですね…。
でもこれに対する市の回答もごもっともで、そんな自転車に乗っているのだから自分で気を付ける必要があります。

この被害者の主張を正論だと言ってしまえば、凸凹が多い道路や線路、マンホールなんかも同じく危険ということに…。
被害者は、これらにも安全性に問題があると言い張るつもりなのでしょうか?

岡山地方裁判所は、ことし4月、池田さんの訴えを認め、岡山市に38万円の賠償を命じました。
その判断の理由です。
「ロードバイクが車道を走行することは珍しい光景ではなく、2センチの隙間はタイヤのはまり込みを抑えるには広すぎる幅だ」
「隙間と認識できないおそれのある形状で、通常有すべき安全性を欠いていた」これに対し、岡山市は判決を不服として控訴。
判決のあと、事故があった溝の近くに、注意を呼びかける看板を設置する一方、現場の溝の対策は今も実行されていません。
池田さんは、「2年もたったのに、そのままなのは怖い。とにかく早く安全な対応を取ってもらいたい」と話します。

このような判決になったわけですが、これはどうなのでしょうかね…。
もちろんどちらにも落ち度はあったわけですが、自転車は車道を走るものなので、それに対応した対策をしていなかった方が悪いという事なのでしょうね。

ちなみにほかにも似たような事例があったらしく、いずれも自治体が問題を認めて賠償金を支払ったそうです。

ロードバイクが車道を安全に走れる環境づくりが進むのは、もちろん嬉しいことですが、ロードバイクを乗っている方も我が身を守るために確認を欠かさないようにする必要はありますよね
自転車活用推進法が施行されたばかりですし、ぜひ自転車が安全に乗れるような環境を整えていただきたいものです。