ロードバイクには付けられる?バッテリー要らずのアシストギア「フリーパワー」。結論は…

自転車業界でロードバイクと共に需要・人気ともに盛り上がっているのが「電動アシスト自転車」。

坂道でも楽に走れるので、高齢化社会の今では沢山の世代に人気で、出荷台数は10年間で2.4倍以上になるなど、需要は年々伸びています。
最近ではロードバイクなどのスポーツ自転車にも、電動アシストを使用した「e-bike」が登場し注目を集めていることは皆さんもご存知ですよね?

そんな今、話題になっているのは「電動じゃない」アシスト自転車。
その名も「フリーパワー」。
これはモーターやバッテリーなどの動力を使用せずに、ペダリングをアシストするギアなんです。

このギアを自転車に装着すると電動自転車と同じように坂道なども快適に走行できるようになるというもの。
現在使用中の自転車にも取り付けが可能なため、今年3月の発売後は一時品切れとなるほど大ヒット商品となっている。
もちろん、取り付けが不可能な車種もあるので、注意は必要。

このように試乗したテレビ朝日の田中萌アナウンサーは「坂道が坂道じゃないみたい!驚き、びっくり、漕ぎ出しが本当に力が要らない。なんだこれ!」と驚きの声を隠せなかったように見えました。

このアシスト自転車のキーパーツはこの「シリコン」にあります。

このフリーパワーについて、サイクルオリンピックの古屋社長はこのようにお話しています。

通常の自転車のギアは、強く踏み込む走り出しの時が一番重いですよね。その時のぐっと踏み込んだ力は(人の)筋肉・骨・関節が吸収していたんですよね。
その分を『シリコン』に吸収させて、今まで無駄になっていたエネルギーを推進力に変えるというメカニズムです。

そしてこのシステムの原理は、

「フリーパワー」を搭載した自転車は、まずペダルを踏み込んだ時にシリコンが圧縮されます。
そして、自転車を漕いでいる時に足の力が入らない上下の位置にペダルが来ると、圧縮されたシリコンが反発。
シリコンが元に戻ろうとする力がギアを回し、前へ進む力に変えているんです。

最後に、古屋社長はこのフリーパワーの人気に対して、

お値段も電動自転車に比べたら半分~3分の1程度で買えるという。
充電の手間もいらない。坂道もスイスイ上れるし漕ぎ出しも軽い。そういうものが出てきたということで、ご支持でいただいていると思っています。

バッテリーなどの動力無しで、電動自転車に並ぶ力を発揮してくれる「フリーパワー」は、今後海外への売り込みも視野に入れているそうです。

シリコンの硬さに分かれていて、現在は4種類発売されています。
値段は工賃込みで、1万2000円~1万4000円。

最後に、現時点ではロードバイクには付けることはできないので、ご注意ください。

≫≫他の便利アイテムを見てみる