2017年のトップ5プロロードバイク

第一位 Factor 02

フランスのチームであるAg2r・ラ・モンディアルは2017年にフォーカスからファクターバイクに変更されました。

このFactor 02は美しさと470gの超低重量という見た目と性能の2つを兼ね備えている。

そしてMavicのCosmic Carbon Ultimate wheelsと組み合わせることで、Ag2rのメカニックが基準としている6.8kg以下に抑えたこのロードバイクが第一位だ。

第二位 Pinarello F10

ピナレロの最新かつ最高のレースバイクであるF10は、2017年のつあー・ダウン・アンダーで初めて使用された。

このピナレロは前身のバイクと比べて表面上の目に見える変化は少ないです。

しかし、剛性・軽量化・空気抵抗の低減など性能は飛躍的に向上しています。

見た目の変化が無いため、販売しても大きな話題にはならないですが、レースバイクとしては大きな進化を遂げました。

第三位 Colnago C60

このコルナゴC60はチームUAEアブダビが2017年に乗っていたロードバイク。

C60は性能を去る事ながら、カーボンチューブの外観もユニークでかっこいいです。

このロードバイクには、Campagnoloのコンポとホイール、Vattoriaのタイヤ、Selle Italiaのサドルなどで組まれており、イタリアではないパーツはLook Keo Bladeのみです。

第四位 Specialized Venge ViAS Disc

以前からSpecialized Vengeでレースすることはありましたが、Tom Boonenはディスクブレーキ搭載のSpecialized Venge ViAS Discでレースをしていました。

そして、Tom Boonenはこれに乗りレースにも勝利しています。

第五位 Canyon Ultimate CF SLX

私が思うに、プロパトロンの中で最も見た目がカッコいいロードバイクはこれだと思っています。

そして、SRAMのeTapが標準装備であることも見た目のスタイリッシュさを際立たせていますよね?

世界ツアーチームのキャニオンSRAMは、2017年にこのモデルと、エアロロードのモデルに乗ってレースをしました。

ジップホイール、コンチネンタイヤ、キャニオンのハンドルバーとステムで組まれたこのバイク。

厳しいレースシーズンには最適でしょう。